あの頃。 男子かしまし物語

劔樹人 / イースト・プレス
(5件のレビュー)

総合評価:

平均 4.0
1
1
1
0
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • massoi

    massoi

    映画を観る前にKindleで購入して読了。
    漫画エッセイなので紙の本の方が読みやすいです。

    世代は全く違うのですが、あの頃のモーニングに熱狂したおじさま達を元々面白いなとおもってウォッチングしていたこともあり、自分も現ハロオタということもありで気になっていた作品です。
    なぜ人はアイドルにハマるのか、、ここはもう私よりも有識者(?)の方々が語り尽くしているから何も言うことはないのですが、何が始まりかはさておき推しができると推しに恥じない生き方をしようとするのがオタクなのです。剱さんの人生をかえたハロプロというところはまさにそこかなとかんじました。わかりみが深い

    ただ、厳密にはハロプロがきっかけだっただけでハロプロの話ではないんです。ハロプロがしてくれたわけではなく、結局は自分たちがどうしていったかの話です。なので現代で見るとおやおやと思う内容もありますが、事実だし、それを隠さず(少なくとも剱さんはそれを良しとして世間に発表しているわけではなく、人間性を正しく伝えるためにそのまま書いていると思いました)あの頃。について書かれている事で、読んだ側も自分のあの頃。を懐かしめるような本だなと感じます。
    続きを読む

    投稿日:2021.03.13

  • とむ

    とむ

    松浦亜弥のおかげで一歩を踏み出せた人。どん底の生活でも、気が変になるくらい夢中だったから、毎日楽しい。それでいいんだよな。

    投稿日:2021.02.25

  • すう

    すう

    なんかハロヲタの人って想いと比例してキャラが強いイメージあるけど(あくまで個人の感想です)すごく魅力的な方が多いのも事実で(元を含む)ハロヲタには好きな人がたくさんいる、筆頭は杉作J太郎さん。

    余談:以前フジテレビで放送していた「真夜中」という番組にJさんや豪さんが出た回での指原莉乃さんの本物っぷりに一気に好感度が急上昇した。

    この本は著者の劔さん(後にJさんの男の墓場プロダクション入りする)が所属した関西の「恋愛研究会。」というハロヲタ達のあまりにもバカバカしくあまりにも羨ましい「あの頃。」が描かれている。
    誰しも思い返すとなんとも言えない感じになる大切な「あの頃。」があると思う、そしてそれは永遠に続くような気がしている(もしくはそんな事はそもそも頭にない)が実は微妙なバランスの上に成り立っていて呆気なく崩れ去ってしまう物でもある。
    自分の「あの頃。」を思い出すと…
    あまりにもたくさんの想い出と感情があるけど、なんとか続かせたかったなぁ(無理だけど)と思う。

    映画、今泉監督だから楽しみではあるけど、どうなんだろう?見るけどね!
    続きを読む

    投稿日:2020.06.15

  • tosyokan175

    tosyokan175

    道重卒業、ベリロスを超えて迎えた今年のひなフェス。今や、ハロプロは多幸感カンブリア紀と言えるような新しい次元に突入しているように感じます。サイリウムを振る歓び、推しを語る歓びがヲタだけのものではなく、どんどんメジャーなものになっていき、そいて滅菌されていくプロセスに立ち会っているのかも。だって自分のようなジェネレーションも恥ずかしげもなくハロプロにハマっていえるんだから。しかし、どんなにハロプロが芸能としてのメインストリームに近づいていったとしても、その本質がヲタたちの熱く、狂おしく、楽しく、哀しい、暮らしに根ざしていることは不変なのだと思います。男子は自分が、特殊で普遍で弱くて強い存在であることを同じ太陽を見上げる仲間と繋がることで知る。そう、ハロプロは社会の底が割れて自信が持てない男の子たちの太陽。「女子かしまし物語」という輝く星の裏側には「男子かしまし物語」がいつだってあるのです。続きを読む

    投稿日:2015.04.04

  • あよはた

    あよはた

    神聖かまってちゃんのマネージャーのかたの昔の話をマンガと文字とで綴った一冊。
    ハロプロにはまってアイドルファンのみんなといろいろと面白いことをしたり、エロいこともなどなど青春物語です。
    最後はしんみりしてしまう最後で、泣いてしまいました。
    イーストプレスの方からいただきました、ありがとうございました。
    続きを読む

    投稿日:2014.05.24

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。