道誉なり(下)

北方謙三 / 中公文庫
(15件のレビュー)

総合評価:

平均 4.1
4
5
3
0
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • なおぴ

    なおぴ

    久しぶりに北方謙三の小説を読んだ。

    この、流れる様な語り口といい、南北朝時代の複雑さを感じさせない、言葉の数々。

    流石としかいえない。

    佐々木道誉。

    京極佐々木氏の実力者。

    婆娑羅大名として教科書にも出てくるがその素性までは興味をもってなかった。

    この小説を通して、京極佐々木氏を勉強してみたくなった。

    さて、まずは机に向かうことからしてみよう。
    続きを読む

    投稿日:2021.05.22

  • yappinkun

    yappinkun

    佐々木道誉を中心として、南北朝時代の闘う男たちを浮き彫りにしていく。
    生き方、芯がぶれないばさらものの佐々木道誉と対して、厭世的でさへある足利尊氏。忠臣高師直を殺し、弟を殺し、倅まで殺す。殺し尽くし生き続ける。
    このような生と死が交錯する展開のなか、観阿弥らの芸、笛の音が見事に調和している。
    続きを読む

    投稿日:2021.03.10

  • yohei89

    yohei89

    足利幕府成立までのカタルシスのある上巻に対し、下巻では成立後の政争と足利兄弟の喧嘩等のモヤモヤ感。この物語では、尊氏は鬱傾向にあり、下巻の不穏さは読後感に影響する。
    武力闘争後の組織再編は、どの国、どの時代でもあるもんだと、改めて痛感。続きを読む

    投稿日:2018.08.29

  • lasttrainhome

    lasttrainhome

    上巻のレビューでも書いたけど、足利尊氏が本当に魅力的。下巻はより魅力的。躁鬱傾向のあるリアルな造形に、師直を死なせ、直義を殺したことからくる凄味というか、開き直りというか、そういうのが加わって凄絶な妖気を帯びている。もはや人間を超えた、征夷大将軍という存在になってしまったかのよう。
    道誉は破格の人間に見えて、常に冷静な語り部に徹している。うがった見方かもしれないが、グレートギャツビーの語り手とギャツビーのような、長いお別れのマーロウとテリーレノックスのような構図に見える。
    中国の話よりもこの時期の南北朝の話の方が人間の複雑さにこだわっているように見えて、やはりこの時期の作品が好き。
    続きを読む

    投稿日:2017.09.22

  • nuwvk5

    nuwvk5

    やはり、足利尊氏の物語。
    悪党の裔の赤松円心、武王の門の懐良親王や菊地武光の名前が出てくるのはいいですね。
    この時期の北方作品はどの順番で読めばいいのでしょうね。

    投稿日:2017.07.09

  • たいぞー

    たいぞー

    鎌倉時代末期から南北朝時代の武将「佐々木道誉」。
    今まで読んでいそうで読んでいなかった「道誉」。北方謙三が書いていたのを知らなかった。「足利尊氏」に従い、「後醍醐天皇」の建武の新政から尊氏と共に離れ、室町幕府における重職や近江など6ヶ国の守護。
    反骨精神旺盛で、周りからは権威を嘲笑し権威に対し気ままで遠慮なくふるまうように見えるが、ぎりぎりのところで勝負する美意識を持つ「ばさら」。地域的・家系的に私のルーツではないかと思っている。
    続きを読む

    投稿日:2014.10.15

Loading...

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。