瓦礫の死角

西村賢太 / 講談社
(3件のレビュー)

総合評価:

平均 4.0
1
1
1
0
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • レコスケ

    レコスケ

    まこといつもの様に現代性の特化した作風では無いけれど、普遍的な人間の業を描いてくれて安定して耽溺で出来た。人生に影を落とした犯罪者の父の出所に怯えながらも、そのひぐらしを繰り返す主人公の様が心地い。4篇の短編集として最後に編まれた「崩折れるにはまだ早い」のこの作者には珍しいロマンチズムも良かった。続きを読む

    投稿日:2020.09.06

  • かいこ

    かいこ

    西村賢太ファンとしては、いずれの短編も面白く読めましたが、10代から20代前半の頃の貫多をもっと読みたいと思いました。思考が歪曲していた過去の自分を、客観的に私小説として書く作者は冷静なのだろうかと想像するしかない内容でもあり、文体の古臭さも好きです。
    そして全ては一人の男の物語であるところに西村氏の思考の壮大さを感じます。
    続きを読む

    投稿日:2020.07.16

  • ユースケ

    ユースケ

    本のタイトルである「瓦礫の死角」の貫太と母親のコントのような掛け合いは西村賢太ならではで最高。破天荒キャラ全開の貫太を堪能できる。
    その他の収録話については、あまりぱっとしておらず、評価としてはまぁまぁな作品。続きを読む

    投稿日:2020.01.24

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。