ホロヴィッツと巨匠たち

吉田秀和 / 河出文庫
(2件のレビュー)

総合評価:

平均 4.0
0
1
0
0
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • takahiro

    takahiro

    クラシック音楽を聴く人ならば読む価値のある本だと思う。一世代前の人たちの音楽への接し方に、純粋さに感動を覚える。もちろん全ての表現に同感というわけではなく、我々世代の方が遥かに良い音楽を直接聴いているとも思うが、批判する気にもならない。手元に残しておきたい本だと思う。続きを読む

    投稿日:2019.12.27

  • toca

    toca

    河出文庫の吉田秀和も6冊目。本書では主に巨匠と呼ばれるピアニストが取り上げられている。
    当時、著者が聴いた音はどんなものだったのだろう。吉田秀和の文章を読んでいると、そういう気分になる。

    投稿日:2019.10.31

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。