夫のトリセツ

黒川伊保子 / 講談社+α新書
(56件のレビュー)

総合評価:

平均 4.0
21
14
12
3
1

ブクログレビュー

"powered by"

  • 1354937番目の読書家

    1354937番目の読書家

    このレビューはネタバレを含みます

    夫に向く怒りの原因は、女性脳にあったのか。
    女性の本能が、よりよい遺伝子を求めて、よそに目が向くようにできているなら仕方がないと思えるようになりました。
    それを理解した上で、「共感して」と前もって言った上で話を聞いてもらうという手はとても有効。作者は、本当に賢い人だなあ。夫の言うことに裏がない、と知っているのとそうではないのは大違い。
    そして、我が息子教育の重要性。「どう思う?」ことあるごとに聞こう。これは娘にも言えるけど。主体性を追って生きる子ども育てに通じる。国際社会で通用するレディーファースト精神をつけるにはもう遅いかもと思いつつ、できることをしていこうと思います。

    レビューの続きを読む

    投稿日:2020.11.15

  • おーい粗茶

    おーい粗茶

    「妻のトリセツ」と同様、女も男も脳の性差があり、それによって思考方法が異なるという立脚点で描かれている。「妻…」との違いを感じるのは、著者の自分の体験的知見の少なさにある(当たり前だけど)。したがって前者が「わかってちょうだいよ!なんでわかんないのかね!」と勢いがあるのにくらべ、「わかってあげようよ」とややトーンダウンを感じた。それにしても男女脳の差が狩猟生活の頃の生活様式をもとに構築されたのはいいとして、それが現在でも変わらないというのは興味深い。続きを読む

    投稿日:2020.10.03

  • jubimari

    jubimari

    すべてが腑に落ちた。一人であれこれ悩むのは、時間の無駄だと思った。これからも事あるごとに読むことにする。

    投稿日:2020.09.20

  • CHICKING

    CHICKING

    私は夫の立場であり、そして妻のトリセツを先に読了しています。まず凄いと思ったのは筆者が男性向けに書いた本と女性向けに書いた本とでテイストが全然違うということです。この使い分けが素晴らしい。夫のトリセツは妻に向けて書いてあるのですから妻が面白くなければ意味が無いということでしょう。従って、男性脳である私は妻のトリセツに比べ納得感の薄いように感じられる文書でした。しかし、それは筆者の主張と何ら矛盾していませんしむしろ信頼感が増します。
    そのうえで、夫のトリセツと妻のトリセツは両方をセットで夫婦が読むべきだと思いました。夫のトリセツを夫が読めば、夫のどんな言動がどう捉えられているのかだけでなく、女性という社会について垣間見えます。これは男性からすると想像もつかない世界です。脳機能的には真逆なのですから、せめて理解したいという気持ち、そして努力の姿勢を見せることが必要と感じます。
    何よりこの筆者が素晴らしいのは単なる科学的事実の羅列ではなく、妻の幸福を願ってそれを活かすことを提言している点です。人格を鍛える本としても有名な聖書には、「十分​に​成長​し​た​人​…​は,使う​こと​に​よっ​て​識別​力​を​訓練​し​た​の​で,正しい​こと​も​悪い​こと​も​見分ける​こと​が​でき​ます。」とあります。

    この本に書かれてある知識を使って、夫婦生活が良くなれば素晴らしいと思います。
    続きを読む

    投稿日:2020.09.16

  • タテヨコ

    タテヨコ

    妻のトリセツと同じ作者(女性)の視点から書かれている分、男性脳と女性脳の違いを書いている部分に新鮮味がかけるが、より女性向けに書かれていて面白かった。
    印象的だったのは「ほぇほぇぴー」、といえば読んだ方には分かっていただけるだろうか。私もこの本を読む数日前、返事がない主人に話を聞いているか尋ねたところ、「言ってることの意味がわからなかった。聞こえなかった」と言われたところだった。面倒な話を(聞こえているのに)聞き流したか、と思っていたが、「ほぇほぇぴー」と聞こえていたなら仕方ないと思えた。黒川さん、ありがとうございます。続きを読む

    投稿日:2020.08.19

  • p

    p

    図書館で借りたんだけど、すごくためになった!
    一冊辞書として家に置いておきたい。

    旦那の一言に、ムカついたりすることもあったが
    そーいうことか、なるほどって少し理解できた。

    旦那には妻のトリセツを是非読んでもらいたい。続きを読む

    投稿日:2020.08.11

Loading...

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。