カナダ金貨の謎

有栖川有栖 / 講談社ノベルス
(35件のレビュー)

総合評価:

平均 3.6
4
9
15
1
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • tomojuju

    tomojuju

    最近長編続きだったから勝手に長編かと思ってた。

    若かりし頃の火村と有栖のお話が好きだったな

    2021.1.25
    9

    投稿日:2021.01.25

  • keigo3813

    keigo3813

    短編集。

    やはり短編集は物足りない。
    が、そのなかで一編ちょっと風変わりな「あるトリックの蹉鉄」が新鮮だった。
    若かりしころの火村と有栖のお話。超短編なのにちょっとした大どんでん返し。思わずニヤニヤしてしまう。続きを読む

    投稿日:2020.11.23

  • yuyuchi84

    yuyuchi84

    事件関係者の証言にいちいち心の中で疑問を挟む作家アリス。警察や犯罪社会学者の火村ならそれは仕事だけど、ミステリ作家とはいえ、捜査のプロではないアリスがそんなこと続けていたら、性格歪みそうだな。
    殺さなくても良かったのに、というケースが多かったな。続きを読む

    投稿日:2020.11.22

  • チョロス

    チョロス

    5匹目は五郎丸ですね先生!? 大学生時代の火村と有栖読めるとは思わなかった。会話に英語混ぜてくるの奇行とされてて笑った。
    昔は若手刑事がアルマーニなのフーンくらいしか思わなかったけど無理あるね?日本が貧乏になったからそう思うのかな続きを読む

    投稿日:2020.11.21

  • sayasayaya

    sayasayaya

    火村シリーズ短編集。
    下記2つが特に印象深くおもしろかった!

    あるトリックの蹉跌→有栖と火村の出会い、コネタ的な話でファンには興味深い話


    トロッコの行方→トロッコ問題と絡めた話し、着眼点がよくて切れ味がよかった。続きを読む

    投稿日:2020.10.21

  • だんでぃ

    だんでぃ

    短編集ながら、長さや視点、読んだ後の後味がそれぞれ違って面白い。わざわざ前書きにある通り、最初から順を追って読むように計算されている。
    論理ロジックもピタリと決まって読みやすい。
    火村と有栖の学生時代の出会いの話があったのはびっくりした!詩人探偵、ちょっと稚拙で面白そう。続きを読む

    投稿日:2020.10.06

Loading...

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。