ヴェールドマン仮説

西尾維新 / 講談社
(29件のレビュー)

総合評価:

平均 3.2
1
6
10
2
1

ブクログレビュー

"powered by"

  • ホースケ

    ホースケ

     西尾維新100冊目記念。
     ...ごめんなさい、全然意味わからんかった。

     吹奏野家次男、無能力者の僕以外、家族全員探偵。
     家事全般を任され、スーパーのレジに並ぶ列の中、顔見知りのお隣さんから「公園に死体があったけどタイムセール優先しちゃった」という衝撃の発言。
     急いで公園に行くと女子高生の首吊り死体...いやまだ死んでませんでした。

     ということから、布にまつわる殺人の犯人を「ヴェールドマン」と仮定し、続く連続殺人を追っていく。
     というストーリー。

     結局、謎といてないですよね。
     西尾維新らしい言葉遊びで終わっちゃった感満載。
     シリーズ化するのかしないのか、正直2冊目からはいいかな。
    続きを読む

    投稿日:2020.03.22

  • 秋茸梓樹

    秋茸梓樹

    西尾維新原作のタイトルはよく耳に入ってて、
    アニメや諸説は読んだこと無かったので読んでみました

    キャラ設定は、個人的には好きな設定です
    名前は覚えにくいですが…

    話の展開は、
    最後の方駆け足で終わらせてる感があったので
    もう少し膨らませて欲しかったなーと思いました

    次作では家族の皆さんが
    もう少し出てくることを期待しています
    続きを読む

    投稿日:2020.03.11

  • はぐ

    はぐ

    強烈な個性と肩書きがひしめき合う集団の中においては、無職でフラットな性格の人間が逆に際立つという手法自体は特別珍しくもないけれど、語り手である主人公以外が全員名探偵というのはちょっと面白いなと思った。
    自分の家族がシャーロック・ホームズや明智小五郎や金田一耕助だらけってことでしょう?
    どんな家だよ。

    探偵ものの起承転結をきちんと踏まえつつ、多くの登場人物を器用に動かしているのは流石だなと思いました。
    事件そのものも、にわか読者の私にとっては入りやすくて良かったです。
    シリーズ化に期待。
    続きを読む

    投稿日:2020.01.14

  • hanahotaru

    hanahotaru

    家族が推理作家、法医学者、弁護士、刑事など名探偵一家の中、それをサポートする役に徹している僕という設定。首吊り死体を見つけたことから、連続殺人事件を追うことになる。
    いつもながらの西尾維新らしい一人称の語りで話が進むのだが、少々くどい。名探偵一家という設定なのに、主要に絡んだのはニュースキャスターとVR探偵ぐらいでもったいなく感じた。続編を書くつもりだからなんだろうか。続きを読む

    投稿日:2019.12.23

  • 静華

    静華

     約三日ほどで読了。
     西尾維新さんの作品は、漫画版の『めだかボックス』くらいしか知らずーー小説はとんと読んだことがないのです。『化物語』はアニメも原作もみたことありませんし。なんででしょうねえ。
     とうとうと語る主人公、凡人というもののその思考回路というか思考する癖というかそれはもう凡人じゃなくない?と思いましたw
     それで……犯人なんですが、会話の仕方が……ん?ってまあ、なって、これって……もしかして……って思ったら本当にそんなパターンの。いやまぁアレはツクリかもしれんのですが。
    続きを読む

    投稿日:2019.11.28

  • ao-neko

    ao-neko

    名探偵一家の家に生まれ、しかし特別な能力も持たない主人公がたまたま出くわした事件に首を突っ込む、というミステリ。そうそうたる一家の面子の中でたった一人の凡人、という位置づけではあるけれど。もちろん無能ではなく、だけど超人的でもないから馴染みやすいんですよね。そしていちいちの突っ込みが面白いってば。
    一見無関係に思える複数の事件を繋ぐミッシングリンクものと言えるかも。事件を規則性に当てはめていく「ヴェールドマン仮説」、とてつもなく高尚で学術的な論理のように思えましたが。あ、そんな意味だったの(笑)。
    幕間でちらちらと見える犯人の影。いつ出てくるのかとどきどきしていましたが、まさかそんな出方をー! いきなりすぎてちょっとびっくり。そしてラストにもびっくり。事件って……そんなにどこにでも転がってるんでしょうか。
    続きを読む

    投稿日:2019.11.26

Loading...

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。