犬飼六岐 / 講談社文庫
(2件のレビュー)

総合評価:

平均 3.5
0
1
1
0
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • kakane

    kakane

    実在した偽の宿場町をモチーフにミステリー仕立てに構築した時代劇。
    士農工商のヒエラルキーを痛いほど感じた秀作。

    投稿日:2018.06.09

  • とし長

    とし長

     尾張藩の江戸下屋敷内に造られた宿場街「御町屋」。藩主が庶民の生活を覗き見るため、という目的で造られたこの町では、一人ひとりに家や職業が割り振られ、住民たちはかりそめの生活を送っていた。
     そんな御町屋内で殺人事件が発生。住民たちは疑心暗鬼に陥っていく。

     江戸時代に実在していたという御町屋。現代で例えるなら、実際に住民が住んで生活している、”リアル時代村”といった感じでしょうか。

     しかし、そこで暮らしているキャストたちは、ほんの少し前までは顔も知らないまったくの他人だったわけです。それぞれが割り当てられた役割に従い、日々を生活しているだけなので、そこには絆が生まれません。そんな中で殺人が起こると、誰も信用できない、という状況に陥ります。

     住民たちの不信感は、彼らを管理する役人や差配役たちに対しても向けられます。藩主たちの気晴らしのため、農園の動物のように、御町屋の中だけで生活させられている状況に「自分たちは果たして人間扱いされているのか」と上も横も信用できない、状況になるのです。

     とにかく舞台設定が面白いです! 疑心暗鬼が渦巻き、住民たちが追い込まれていく様子が身に迫ってきます。

     時代小説でありながら、クローズドサークルの心理サスペンスとしても読める、そんな何とも稀有な小説でした。
    続きを読む

    投稿日:2016.02.03

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。