月人壮士 <電子書籍版 特典付き>

澤田瞳子 / 中央公論新社
(20件のレビュー)

総合評価:

平均 3.5
4
2
10
1
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • 翠月

    翠月

    歴史ミステリー

    【螺旋プロジェクト】争う宿命の海と山2種族の対立と行末を描く物語/古代編

    【山】天皇家
    【海】藤原家
    奈良時代、隆盛極まる藤原家の姻戚政策により天皇家の家系は絡めとられ、律令の正統な天皇でありながら、自らは、全き皇家の血筋でないことに苦悶する「聖武天皇/首(おびと)」の生涯を描いた作品

    想像をかきたてられる美しい時代です
    続きを読む

    投稿日:2021.04.25

  • 大田別 稲吉

    大田別 稲吉

    複数作家による「螺旋プロジェクト」のひとつだそうで、海と山の対立みたいものを無理やり設定に織り込んであるのが残念。ふつうに澤田先生の世界観だけでよかったわ。聖武太上天皇はどんな人物だったか、何人かの視点で語る内容。栄進していく前の道鏡をメインキャラに据えるのはめずらしい。続きを読む

    投稿日:2020.11.29

  • のりのり

    のりのり

    螺旋プロジェクト3冊目、ようやく海と山の意味が解ってきた。しかし、歴史の授業で習った聖武天皇のイメージが… それとこの作家さんの物語の書き方が衝撃的だった。失礼ながら予想より面白かった。

    投稿日:2020.08.25

  • acchan1100

    acchan1100

    山と海シリーズでなければ気が付かなったような本であるが、皇族と山、藤原家を海とした構成がなんともこのシリーズにピッタリで宮内の魑魅魍魎としか世界を分かりやすく例えていたのが良かった。
    ぶっちゃけ天皇家のことなどまったくの無関心で、呼び名が難しくて興味すらなかったが最後まで面白く読ませてもらった。物語のすすめかたが語り調であったがまったく飽きが来なかった。
    この本のタイトルが最後の語りで出てきた時、すごく良題をつけたなぁと感心した。そういえばこの人の作品も今回が初めてで、いい作家を掘り当てた。
    続きを読む

    投稿日:2020.08.12

  • アキラ

    アキラ

    このレビューはネタバレを含みます

    山の血であり、国の礎である皇族と、その周囲に押し寄せる海の血である藤原氏。その二つの血筋の間に生まれ天皇となった首(聖武天皇)。彼の人生と苦悩のお話。首の周囲の人間たちの言葉から、彼どんなことを考えながら生きていたのかを描いている。螺旋プロジェクトの古代編。
    首、なかなかに不幸な人。「終」が切ない。みことのりは、結局あったのか?なかったのか?ご遺詔=天皇の本当の想い、とするなら、それを形にして残すことはできなかった、ってオチなんだね。
    最初は少し難しいかと思って読み始めが、ほとんど会話調で進んでいくの、読みやすかった。
    一人の男の生い立ちを追っていく話、面白かった。

    レビューの続きを読む

    投稿日:2020.08.02

  • usamoko

    usamoko

    聖武天皇の話って言えるのかな~
    ちょっと難しかった。

    螺旋プロジェクトはあんまり関係ないような…

    投稿日:2020.07.22

Loading...

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。