動乱の刑事

堂場瞬一 / 講談社
(5件のレビュー)

総合評価:

平均 3.5
0
2
2
0
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • 1426172番目の読書家

    1426172番目の読書家

    戦後まもなくの交番爆破事件を巡る公安警察と刑事警察を巡る反目を描いた一作。戦後の民主主義の定着までの当時の混乱がよく描かれている。

    投稿日:2021.01.31

  • shinpapa

    shinpapa

    144戦後の混乱は比較的圧縮されている気がするけど、なんにせよ、バブル期まで書いて欲しいなあ。頑張って!

    投稿日:2019.12.24

  • ゲスト

    ゲスト

    戦後の日本の混乱の中新しい時代の警察官二人
    の物語。親友でありながら、公安と捜査一課の刑事
    2人が目指す正義とは何か?
    戦後の新しい価値観と共に変わって行く2人の警察官。
    公安と所轄は今でも平行線なのかな?
    続きを読む

    投稿日:2019.10.08

  • さや

    さや

    なんか靄っとした終わり方。
    刑事一筋で行く道と公安の在り方を模索する道。
    二人がたもとを分かつのかそれとも警察組織という大きな枠組みの中で手を取って「正義」とはなにかを考えていくのか。
    このまま平行線だと嫌だなーと思ってしまう。
    続ける気があるのかな、これ。
    続きを読む

    投稿日:2019.10.05

  • consa

    consa

    やはり現代物が自分には合うのか。イマイチ入り込めなかった。最後がなんかスッキリしないというか、犯人がわかってどんでん返しがあって、みたいなストーリーの方が純粋に楽しめる。

    投稿日:2019.08.07

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。