絶望の金融市場 株よりも債券崩れが怖ろしい

副島隆彦 / 徳間書店
(4件のレビュー)

総合評価:

平均 3.0
1
0
1
2
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • yasz

    yasz

    今年(令和2年)のGWは昨年まではテニスを楽しんでいましたが、今年は緊急事態宣言が出ていてスクールはお休み、なので今回の連休は読み終わった本をできる限りレビューを書く予定にしています。

    恒例のGWの部屋の大掃除で発掘されました、昨年GW頃に出版された本で、読み終わったのが夏頃です。著者の副島氏には社会人になったころからお世話になっています。急遽湧き上がってきたコロナ騒動のために株価が乱高下していますが、この本では株よりも債券市場が崩壊することに警鐘を鳴らしています。

    読んだ当時に気に留めた箇所をおさらいしながら、この本を振り返ってみたいと思います。

    以下は気になったポイントです。

    ・バークシャーハザウェイ(ウォーレンバフェット社主)が、2019年10-12月の株価暴落で大損(3兆円)をだしていた(p44)

    ・アメリカはゆくゆく3つの国に国家分裂する、その時はこれまで隠してある借金(日本からは1200兆円)は返さない、どこも引き継がずその時には1ドル=20円くらいになっている(p83)

    ・ソ連が1991年に解体した時には4分裂した、まずバルト3国、ウクライナ、そして中央アジア5カ国のイスラム諸国が分離独立した(p83)

    ・1000兆円の国債は中央銀行と民間銀行が45,41%で、海外が6%程度、地方の赤字国債も合わせると1800兆円、これ以外に米国債が1200兆円ある(p111)

    ・ノックイン債は、例えば日経平均が1万8000円を割らなければ年率30%の高利回りを保証するという金融商品である、これが日本でも富裕層に売られている、1990年代には、特金・ファントラと言った(p112)

    ・リーマンショック2008年のときは、ゴールドマンサックス、ファーゴ銀行以外はすべて破たんしていた、それを緊急でアメリカ政府とFRBが合計2兆ドルの国家資金を投入して救済した、本当はその10倍である。政府はそんなに簡単にお金を作って民間大企業に私て良いのか、そんな議論はいっさいしなかった(p116)

    ・もっとも怖ろしい仕組み債は、CDSである。ある大企業が潰れそうな割合(確率)を保険商品にしたたて、その潰れる割合を金額にして売り買いしている(p122)

    ・今度起きる(2024年)大恐慌は債券市場から始まる、債券バブル崩れ→株崩れ→国家財政危機→財政崩壊→大恐慌(p127)

    ・ピケティの式とは、r(金持ち儲かり率)>g(国民の成長率)、これは、M(お金が増える率)>Y(国民全部の生活向上率)(p202)

    ・中国は公表は2000トンの金保有となっているが、本当は2万から3万トン持っている、さらに地球上で掘り出されている金地金(地上在庫)の3割を中国が持っている、それは4年前にロンドンの金市場と上海の黄金市場が組んだことでアメリカが没楽した後、世界の現物の金価格をイギリスと中国で決定するということ(p221)

    ・寺と神社の真実の顔は、占い(近未来予測)と呪い(災難から逃げる策を教えること)で収入をあげた、そうしないと人々が進んでお金を払わないから。また裏では金貸業もやっていた。戦国大名(山賊、海賊以外)の真実は、油売り、土倉(つちくら)、ろうそく売り等の金貸業から這い上がってきた者たちである。そうしないと、初めの500人とか自分の手兵、用心棒、武装兵に給料を払って常駐させることができなかったから(p235)

    ・国民負担率は50%を越すと暴動が起きるだろう、税金以外に年金・健康保険・失業保険等を引いた額の割合で、現在44%まで来ている。これは江戸時代の五公五民と同じである(p238)

    2020年5月4日作成  
    続きを読む

    投稿日:2020.05.04

  • aya00226

    aya00226

    ジャンク債が危ない
    ノックイン債がノックアウトされる危険
    金利が高くなる
    CDS、ハイイールド債=ジャンク債が暴落する=金利の高騰

    貨幣数量説は誤り

    ケインズは過剰生産=供給過剰を発見した。セイの法則が誤りであることを指摘した続きを読む

    投稿日:2020.01.30

  • kenken1967

    kenken1967

    副島隆彦先生の本を読むたびに、「金の現物投資」をしなくては!と思うのですが、未だに実現できていません。預金封鎖あるいは超円高(円安)になる前に手当をしなければならないと再認識しました。

    投稿日:2019.12.12

  • tthitsuji

    tthitsuji

    <目次>
    まえがき
    第1章トランプ独裁が経済を変えた
    第2章金融理論はみんなゴミだった
    第3章株よりも債券市場の崩落が恐ろしい
    第4章ボロくず債の暴落から恐慌突入
    第5章経済学は、Y=Mですべてわかる
    第6章政府マネーは間違っている
    第7章アメリカは北朝鮮を押さえこむ
    あとがき
    特別付録ー隠れたお宝のモノづくり企業厳選14銘柄

    2019/4/30初版
    続きを読む

    投稿日:2019.06.16

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。