音楽と出会う――21世紀的つきあい方

岡田暁生 / 世界思想社
(3件のレビュー)

総合評価:

平均 4.0
1
0
1
0
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • レレレ

    レレレ

    音楽を明け透けに癒しとして求めることの気色悪さ、ひたすら消費されていくことのしょうもなさへの苛立ちには共感できる。

    では、ちゃんと音楽を聴くということに対して、隅々まで、映像的に、ピントを合わせてという説明は分かるような分からんような。

    癒し系への批判が、音楽を聴くことにおいて感情を介すること全般の否定にまで、拡張してしまっているように思える。
    癒し系の記号的な反応ではなく、単なる悲しいとか、嬉しいとかではない音楽にしか伝えられない感情を旋律から聴き取ることも音楽を聴くことだと思う。モーツァルトを聴いていた長嶋茂雄が語った、音楽の二重性で触れたところだが、ここの話をもっと聞きたいと思った。

    ピントを合わせ構造的に理解して、作者のメッセージを読み取ることは、、そのように音楽を楽しみたいと思うが、この本の説明だけでは実際難しいなと感じた。
    続きを読む

    投稿日:2021.03.13

  • すう

    すう

    全編に筆者の音楽への深い愛が溢れる。「癒しの音楽」だのと言われ、まるでサプリメントのように扱われる音楽、またAIによる作曲・演奏など、自らの身体を通さない音楽など「音楽」ではないとする作者の主張は一貫している。
    ともすれば、安易に「消費」されようとする「音楽」への警鐘を鳴らし、音楽本来の姿を追い求める。
    続きを読む

    投稿日:2019.10.20

  • yonosuke2019

    yonosuke2019

    最近のyoutubeやspotifyとかで岡田先生が見つけたものとかについてのエッセイ集。AI作曲とかについての話はつまらんが、ブログ全盛時代にもお金をとるためのエッセイというのはそれはそれでよいものだ。続きを読む

    投稿日:2019.10.19

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。