叛骨 最後の極道・竹中武

山平重樹 / 徳間文庫
(1件のレビュー)

総合評価:

平均 3.0
0
0
1
0
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • まいつき

    まいつき

    暴力団は押し並べて、社会のクズだ。が、なかには、砂浜で探す一粒の金砂のように、本物の侠がいたことは事実であろう。本書を読めば、それがよくわかる。
    現代にこのような侠たちが実在したことは、奇蹟ともいえる事象かもしれない。
    奇蹟が素晴らしいのは、それが人知を超えた天祐であるからではない。奇蹟は、それが稀に起こるから素晴らしいのだ。だからこそ、人は任侠に惹かれるのであろう。

    解説の文章が「任侠」というものに対する認識を見事に語っていると思ったので、そのまま引用。

    奇蹟だからこそ、この上ない魅力があるんでしょうな。フィクションの中にしかいないと思っていたけどなぁ。
    続きを読む

    投稿日:2019.03.29

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。