たった一言で印象が変わる大人の日本語100

吉田裕子 / ちくま新書
(4件のレビュー)

総合評価:

平均 3.7
2
0
0
0
1

ブクログレビュー

"powered by"

  • 有井 努 Tsutomu Arii

    有井 努 Tsutomu Arii

    なかなか役立ちそうな内容です。

    ビジネスの世界ではメール連絡は当たり前です。
    そのメールのやり取りでは、ややカジュアルで
    あるものの、大人の表現は必要とされます。

    それが最低限のビジネスマナーです。そこで
    「出来る」と思わせる表現を学べる一冊です。

    特に最近は本来の意味と違った使われ方の
    言葉がありますが、その言葉の本当の意味と
    最近の使われ方の比較は面白いです。

    一例を挙げますと「穿った見方」の意味。
    正しい意味は、物事の本質を捉えようとする
    鋭い見方。
    最近の意味は、疑ってかかる、斜に構えた
    見方。

    他には「こだわり」「失笑」「まったり」
    などの本当の意味が出ていますよ。

    日本語マニアには必読の一冊です。
    続きを読む

    投稿日:2020.11.12

  • hiro1548

    hiro1548

    これって読者対象を誰に設定した企画だったのかな。ここで記されている事は、どれもこれもあまりにも常識的すぎて、これらを書籍を読んで身につけなくちゃいけない人が想像できない。「大人の日本語」っていうくらいだから子ども向けかというとそんなこともなく、大人なのに大人の日本語が使えていない人向けなんだろうね。この内容でそんな人いるのかね。でも奥付をみると短期間で2刷りになっているし、それなりに求められているわけだ。やっぱり日本の教育に必要なのは英語じゃなくて国語だよなぁ。続きを読む

    投稿日:2020.03.25

  • y

    y

    「3回使えば、言葉は自分のものになる。」納得。新しい言葉を覚えたら、意識して短い間に3回使ってみる。

    投稿日:2019.08.07

  • ajiantamsong

    ajiantamsong

    横書き。ページの左上に大きく「ご無沙汰」や「つつがない」などの言葉が載っていて、その下に説明や例文が続く。とても読みやすくためになる実用書。

    投稿日:2019.07.07

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。