ヒトはなぜ、ゴキブリを嫌うのか?~脳化社会の生き方~

養老孟司 / 扶桑社BOOKS新書
(5件のレビュー)

総合評価:

平均 3.5
1
1
1
1
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • 小凛

    小凛

    解剖学を専攻する、東京大学名誉教授である著者の講演録。

    いつになったらゴキブリがでてくるのか?私の思っていた内容とは、大分違っていた。
    タイトルの付け方はどうなんだろう、インパクト重視?結局ゴキブリは比喩的な使われ方で、しかもほんの一行ほど。
    全体的に何を言いたいのか、ちょっと入ってこなかった。
    続きを読む

    投稿日:2020.07.28

  • Pompeii

    Pompeii

    たまたまヒトのゴキブリ嫌いの理由に興味を持って、養老先生が執筆されているとのことで読んでみた。
    都市に住むヒトの自然の捉え方をまるっきり変えてくれる一冊だと思う。

    ヒトは歴史的に絶えず自然を排除してきた。なぜなら自然は予測不可能なものだから。天災はその一つ。だからヒトは自分の脳の想定内のことを具現化する人工物を作ってきた。それが都市。

    だから都市に住み着くヒトは徹底的に自然を排除し、ムシを嫌ったりする。その象徴がゴキブリであり、一向に都市から排除できない存在であるが故に、ヒトは酷く嫌うのだろう、という論理。
    かく言う私も、ゴキブリを含めムシはとてつもなく苦手なので、都市が作ったヒトの一人。

    ここで湧く疑問。ヒトも自然じゃね?
    そう、もちろん自然!多分私たちは自然なんだっていう考えこそ最も欠けたものだろう。
    本書に沿っていくつか例を挙げてみる。

    ・ヒトの死も自然なことだが、人工的な病院で隔離し、死を特別なことに昇華させる。ヒトが道端で横たわっていたら驚き慄くだろうが、本来は自然の死がそこにあるだけのこと。

    ・ヒトは本来裸であることが自然であるが、都市は服を着ることを強いる。

    ・女性は妊娠・出産などのヒトの自然的な営みは都市空間にはそぐわない。都市を成す会社に属していれば産休を取らなきゃいけない。

    例は色々あるが、本来自然的な存在であるヒトは人工的な都市に順応せざるを得ない。

    順応させるものの一つに教育がある。子どもは自然の存在であるため、教育を施して人工的な存在に仕立て上げていく。

    本当にここまで人工化を推し進めてしまっていいのか?

    私はバランスが大事だと思う。ヒトは自然の存在なんだから、予測不可能な人生を歩むことを大切にしつつも、都市生活に順応できる器を大きくしていく。

    養老先生も末尾で楽しいことをやりつつも、淡々と浮世の義理をもこなしていると語っており、自然と人工に折り合いをつけながら生きていくことがいいんだろうな、と。

    続きを読む

    投稿日:2020.07.11

  • yuki4

    yuki4

    P192
    結局「身についたもの」だけが
    財産となる

    P254
    「ああすれば、こうなる」だけに
    なった現代社会

    P262
    計算高い世の中では子どもは生めない

    P213
    都会ではすべてを予定しようとするから
    現在がどんどん大きくなって
    未来を食っていく

    P222
    大人というのは
    好きなことをやっているときに
    それは何のためだという
    無意味な質問を繰り返しする動物

    P270
    知識は自分の考えを説明するときの
    材料である
    続きを読む

    投稿日:2020.06.01

  • 百子

    百子

    とても楽しかった〜!
    ご本人も後書きでおっしゃっている通り、証明されている事実かどうかはともかく、養老孟司という個人がどう考えてるのかを知れて良かった。

    私自身一般的でないジェンダー感を持っているので、養老孟司御大の「曖昧なのは当たり前」「ほっとけば皆雌になる」等のお言葉は大変救いになった。生き物には多様性がある。それでいいんだ。

    長尺を占める「都市化」の話も興味深かった。
    続きを読む

    投稿日:2020.05.03

  • 耳

    なかなか面白かったです。

    長嶋茂雄は物理ができない。
    野球のことはまったくわからない私ですが、この例えはわかりやすい!

    平均的であれと言われる一方(健診など)で、特異的であれとも言われ我々は育つ。
    特異的な能力を持った人は、才能だけではなくあらゆる面が特異であったりするのはそういうことなのかな(天才が食べ物の好き嫌いが激しいなど)とも思った。
    続きを読む

    投稿日:2019.06.23

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。