黒き微睡みの囚人

ラヴィ・ティドハー, 押野慎吾 / 竹書房文庫
(1件のレビュー)

総合評価:

平均 0.0
0
0
0
0
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • toca

    toca

    このレビューはネタバレを含みます

    ラヴィ・ティドハーの最新作が竹書房文庫から。
    既刊もかなりユニークな設定だった記憶があるが、本書も上手い。『枢軸国が勝った世界』というのは様々な歴史改編SFで描かれた世界だが、『ヒトラーがあの時、選挙で負けていたら……?』という『歴史のif』はちょっと類書が思いつかない。
    また、古き良きハードボイルドを意識した文体は、終盤にかけて、徐々に現実離れしていくストーリー展開とも合っていた。
    それにしてもラヴィ・ティドハー、面白いので、邦訳が途切れないことを祈りたい。版元が早川書房、東京創元社、そして今回の竹書房と、3社に跨がっているのがちょっと不安ではあるのだが……。

    レビューの続きを読む

    投稿日:2019.02.01

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。