ほしじいたけ ほしばあたけ いざ、せんにんやまへ

石川基子 / 講談社の創作絵本
(2件のレビュー)

総合評価:

平均 4.0
1
0
1
0
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • ニャーテン

    ニャーテン

    このレビューはネタバレを含みます

    村の子どもたちの病気を治すために、ほしじいたけとほしばあたけがきのこ仙人の住む山へ向かう。
    今回の若返りの理由が“早口言葉を言うため”で笑ってしまった。どう頑張っても若返れない自分は、なかなか超高速で三回くり返しは難しかったなぁw
    最後はいつも通り、きっちりほしばあたけが、じさまのピンチをフォローして女を上げる。この安心感がこの絵本のいい持ち味。母は好きなのだが、常に助ける側のヒーローでいたい3歳3ヶ月の息子にはまだ受け入れ難い展開のようだw

    レビューの続きを読む

    投稿日:2019.02.17

  • ntsyk20

    ntsyk20

    4歳7ヶ月男児。
    なんともシュールな表紙に惹かれ、読め読めとせがまれ、読み聞かせ。
    キノコの子供たちの病気の原因がよく分からず、気になった模様。
    水で若返るのが大人的には面白かった。

    投稿日:2018.12.30

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。