数学ガールの秘密ノート/行列が描くもの

結城浩 / 数学ガール
(4件のレビュー)

総合評価:

平均 3.3
1
0
1
1
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • rainyblue0526

    rainyblue0526

    高校課程で履修していない行列についての本でした。
    行列について一から定義を確認するステップを踏みながら進んでいくので非常に分かりやすい良書となっています。もちろん、この一冊で全てを理解できるわけではありませんが、自分で手を動かし、考えることで行列が示すものの一端を垣間見ることができたと思います。続きを読む

    投稿日:2019.12.21

  • amano225

    amano225

    数学ガールの秘密ノートシリーズの最新作。今回は行列編(最近の高校生は学ばないらしい)。
    表紙を見てちょっとビックリした。女の子が4人いる(というよりも、リサがいる)。本編では高校3年生だけど、秘密ノートシリーズのほうも3年生に進学したのか(と思ったけど、秘密ノートシリーズも高3のつもりだったのだろうか? リサがでてこないだけで)。
    それより、主人公の『僕』って、ことあるごとにすぐに人を褒めるキャラだなと今作は強く思った。その性格についてのメタ的な会話もあったし。ユーリにはともかく、リサにまで褒めているところはちょっと笑った(それに対するリサの反応が独特で面白い。なんだよ「(呟)」って)。
    ただ、行列の話となるとどうしても二次の正方行列の話がメインになるらしいのだけど、もう少しそれ以外の話もほしかったなと思った。三次以上の正方行列だと逆行列をどう求めるかとか。
    後、問題4-1で座標平面上を(x,y)から(x+1,y)というように右に1だけ平行移動する行列はできるかという問題で、答えが「できません」とあるのはいいのだけど、平行移動用に余分な一次元を追加して三次元にすればできるというようなことは書いてあってもよかったんじゃないかと思った。
    続きを読む

    投稿日:2019.01.26

  • medamaoyaji

    medamaoyaji

     ぼくらの年代は行列を習っていない。興味はあったので読んでみて、最終章でついていけなくなった。
     行列って、単なる計算の道具?それとも何かしら意味のあるもの?

    投稿日:2019.01.06

  • 横溝ルパン

    横溝ルパン

    今回のテーマは、行列です。
    いつものように基本的な話から始まり、テトラちゃんとの会話でさらに複雑な内容に、そしてミルカさんの登場でより高度な内容へと進みます。
    今回は久々にリサが登場して、ミルカさんの話を図として示してくれたので、後半の内容もイメージがつかみやすかったのがよかったです。続きを読む

    投稿日:2018.12.02

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。