アイム・ブルー サッカー日本代表「もう一つの真実」

木崎伸也, ツジトモ / 講談社
(2件のレビュー)

総合評価:

平均 0.0
0
0
0
0
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • さや

    さや

    web連載の時はいまいち集中して読んでいなかったせいか面白いのか面白くないのかさっぱり分からなかったけれど、単行本になりまとめて読むと物語の流れが頭に入ってきて「なるほど」と感心する内容。
    木崎氏によほどなにか腹にたまるか頭に来ることがあってこのフィクション作品が生まれたのでは? と勘ぐってしまう。
    有芯のようなクレバーな若い選手が生まれてくることを願う。
    続きを読む

    投稿日:2019.02.08

  • スミソニアン

    スミソニアン

    諸ヨーロッパの中では
    小国クロアチアの
    ロシアW杯の躍進を見てしまうと
    日本がW杯本選で戦うことも夢ではないのでは?
    と思ってしまうが
    その壁は厚く何がベスト16とベスト8を隔てているのか
    いまだにわかっていない。
    だがこの本はその要因を少なからず示している。

    日本人の特質を理解して伸ばしてあげることが
    近道だからこそ
    外国人監督を連れてくるだけでは意味がなく
    縦に早いサッカー
    切り替えが早い
    ボールに組織的に守備するなど
    いくつかのセンテンスをメディアは喧騒するが
    それにとらわれすぎては何も生まない。

    日本人はカイゼンすることこそが
    是という真面目すぎるところがあり
    戦犯探しをしたところで試合に勝てるようになるわけではない。

    なぜ負けるか、なぜ勝てるかをしっかりと明言化して
    フラットに毎回勝ちにこだわり、相手に立ち向かっていく

    そこには上下関係関係なくいえるという事も欠かせないが
    常習化しているのは年長者がしゃべりだし
    クラブの格で意見を言うなど
    上が言ったことを当たり障りなく流している
    中間世代が存在する。

    一つのことをよくしただけではどうにもならない
    根性論や精神論にはあまりしたくないが
    みんなが同じブルーに染まって入れるか
    (同じ未来予想図を共有できていれば方法論なんかは
    本当はどうでもいい。)

    でもお金儲けの手段としてうまみを覚えてしまった
    日本サッカーでどこまでそれができるのであろうか。

    選手 協会 メディア サポーター それぞれの立場から
    できることから初めても遅くはない。
    続きを読む

    投稿日:2018.10.27

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。