【感想】時間の囚われ人

ジュリー・マッケルウェイン, 高岡香 / マグノリアロマンス
(3件のレビュー)

総合評価:

平均 4.3
1
2
0
0
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • えなか

    えなか

    普通に推理ものとして面白かった。恋愛中心だと嫌だなと思っていたので、恋愛はこの巻ではアッサリした扱いになっていて推理小説として楽しめた。甘い甘い恋愛を求めている人にはちょっと違う本かも。なにしろ670ページあるし…。メインの事件が起きるまでにもかなりのページが進んでからになるし…。事件自体はなかなかグロいし…。つまり、表紙の女性からは連想しにくい展開でした。良い意味で。続きを読む

    投稿日:2022.09.23

  • tomojuju

    tomojuju

    この手の本にしてはミステリ色が強く、ラブ要素がかなり薄い作品で読み応えありでした。
    タイムトラベラーもの読みたいと思った時にたまたま見つけた作品だけど、何百年前のイギリスでFBI捜査官が活躍するのは面白かった!

    2022.1.20
    8
    続きを読む

    投稿日:2022.01.20

  • mylte

    mylte

    このレビューはネタバレを含みます

    図書館の本 読了

    内容(「BOOK」データベースより)
    FBI特別捜査官のケンドラには、自分のキャリアを棒に振ってでも殺したい男がいる。その男を追って古城で開かれる摂政時代がテーマのパーティに潜り込んだが、その最中、ケンドラの身に不可思議なことが起こり、気づいたときに彼女は本物の摂政時代へとタイムスリップしていた。突然現れたケンドラに、侯爵のアレックは不審の目を向ける。ケンドラ本人ですら信じられない事態なのだから、侯爵に怪しまれても当然だ。もとの世界に戻る方法が見つかるまで、城の使用人として働くことになったが…。

    FBI捜査官が1815年で殺人事件を捜査すりゃそれはいろいろ支障があるよね。ケンドラが現代に戻ろうとがんばるより、殺人事件を解決しようとするのがなんとなく違和感だけれど、公爵もアレックもだんだん彼女を理解していく過程がいい。ローズはいい子だっただけに残念。sシリーズものみたいなので次も行きます。

    A murder in time by Julie McElwain

    レビューの続きを読む

    投稿日:2021.09.13

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

追加された作品は本棚から読むことが出来ます

本棚を開くには、画面右上にある「本棚」ボタンをクリック

スマートフォンの場合

パソコンの場合

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。