性別「モナリザ」の君へ。 1巻

吉村旋 / ガンガンONLINE
(5件のレビュー)

総合評価:

平均 3.8
1
1
2
0
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • Licht

    Licht

    12歳まで性別がなくてそこから男と女に分かれる
    主人公のひなせは17歳11ヶ月
    性別は、まだない
    幼馴染のしおり(男)りつ(女)との三角関係!
    そこまでドロドロしてなくて読みやすかった
    主人公ひなせがこれからどうなっていくのかめちゃ楽しみ〜続きを読む

    投稿日:2019.01.26

  • ちびねこ

    ちびねこ

    このレビューはネタバレを含みます

    12歳で性別を選べるのなら、トランスジェンダーはいなくなりますね。
    モナリザは左右で男女具有という説があるらしい…からのタイトルです。
    主人公は17歳にしてまだ無性別のまま…友人ふたり♂♀にそれぞれ告白されて変化が現れ始める。♂になってボーイズラブすればいいのに。

    レビューの続きを読む

    投稿日:2019.01.15

  • koma

    koma

    生れた時は性別が決まっておらず14歳までに自認の性別になるという世界。18歳でどちらにもなっていない主人公が幼馴染みの男女からそれぞれ告白される。果たしてどちらを選んでどちらの性になるのか~ってだけの単純な話ではなさそうな。というかそんな単純な流れで終わりにしてほしくないなぁという期待を込めて次巻を待つ続きを読む

    投稿日:2018.12.16

  • 赤木かん子【公式】

    赤木かん子【公式】

    LGBTQの本棚から
    第67回 LGBTQの本棚から
    「もし最初から性別が決まっていなかったら?」

    今回紹介するのは『性別「モナリザ」の君へ。』(吉村旋)です。
    この漫画の世界では、12歳を迎える頃に自分がなりたい性へと変化していき、14歳になる頃には男女に分かれます。
    そんな世界で、主人公のひなせは性別がないまま18度目の春を迎えました。
    物語はひなせの幼なじみ2人から同時に告白されることで動き出します。
    男の幼なじみを選ぶか、女の幼なじみを選ぶか、どちらも選ばないのか…
    どちらかを選べば、それに対する性別になるのか…?
    変われる保証なんてないのに、2人に期待をさせてしまう…。
    そんなところで1巻は終わります。
    2巻が楽しみ~。

    この漫画がいいと思ったのは、ジェンダー問題を考えるときに出てくる「生まれ持った性別」という概念がないところです。
    生まれ持った性別ありきで考えてしまうと、どうしても自分の性別側の視点にとらわれてしまったり、役割がどうたらとかそういう話になってしまいます。
    じゃあ、生まれ持った性別という考えを一度捨てて考えて見たら…?
    と思わせてくれました。

    「男だから泣くな」
    「女だからおしとやかに」
    「男だから育児はしない」
    「女だから家事をする」
    こんな性役割も、もし性別がなかったら…?

    「同性を好きになるのは間違い?」
    じゃあ、もともとどちらにも性別がなかったとしたら?
    その時から好きだったとしたら?

    「男(女)に生まれたんだから男(女)として生きなさい」
    「身体の性別に心を合わせなさい」
    じゃあ性別が決まっていなかったら…?

    いつのまにか狭められていた考え方を根本から覆してくれるきっかけになる作品かと思います。

    ぜひ読んで見てください!

    2018年10月29日
    続きを読む

    投稿日:2018.10.25

  • スグル日和

    スグル日和

    このレビューはネタバレを含みます

    人々は12歳までは「性別」はなく、14歳になる頃に体が男性か女性へ姿を変える世界観。
    ただひなせだけは、18歳まで無性別のままだった。
    悩むひなせだったが、幼馴染の2人に告白されてさらに揺れ動く。

    (ネタバレあり)
    ひなせは中性的で、可愛くもありカッコ良くもある。
    りつ「ずっと前からひなせの事が好きだったの 私がひなせを男にする!」
    しおり「好きだよひなせ 俺がお前を女にする」
    魅力的な2人に同日に告白されて、惑わない人がいようか。ドキドキするしおり可愛いです。

    しおり兄は「変化している最中こそ最も美しく 興奮するものだと思うのにね」とかちょっとダークサイドめいていて怖い。

    幼少期の「りつだって可愛いの似合うよ」って可愛いかざり付けてあげるときのひなせの表情めっちゃ良いね。惚れるの当然です。
    しおりはひなせを女にしたい欲求が強いけど、りつはあまり性別に拘っていない感じ。ここは男女の思春期の性的欲求とも関わってるところだから、どちらが良いというものでもない。

    そしてまさかの「準モナリザ症候群」は、早死にしてしまう病気だと…切ない物語の予感…。

    水色だけ色が付いているのキレイで良いです。

    レビューの続きを読む

    投稿日:2018.10.14

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。