政治の哲学 ──自由と幸福のための11講

橋爪大三郎 / ちくま新書
(6件のレビュー)

総合評価:

平均 3.0
0
1
2
1
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • sasara

    sasara

    社会学者橋爪大三郎さん政治は大事と。リバタリアン批判し社会民主主義の実現。安全保障政策は日米安保を堅持。高校まで無償化賛成も大学はレベル低下危惧し自由化希望。医療も年金も破綻を防ぐ為に増税やむなし。残念ながらこのような素晴らしい公約の政党は我が国にはないようなので自らお作りになるか顧問にご就任はいかがとwwww続きを読む

    投稿日:2021.08.26

  • lasttrainhome

    lasttrainhome

    冒頭3章くらいの政治哲学の潮流についての整理や事情と政府についての説明は非常にためになったが、他方でそれ以降の個々の問題にアプローチする章は政治学の話しかなされていない。
    しかもここの問題にアプローチする際に筆者は単に自説を開陳するのみで、自説が政治哲学の潮流でいうとどの立場になるのかということに全然言及しない。そのため冒頭の政治哲学の潮流の整理はいったいなんのいみがあったんですか?という話になる。

    市場では全てが合意に基づいて行われる。
    契約は双方の合意に基づき税は無理やり取られる。
    利用しても減らず誰もが利用できるものを公共財という。
    契約に基づかない権力はただ自由を否定するだけなので正しくない。契約から生まれた権力はその正体が自由なので人々の自由を制限する資格がある。
    一般の人々はもともと自由なので原則としてなんでもできる。
    などの学び、全部冒頭の3章から得た。
    続きを読む

    投稿日:2020.01.17

  • Eisuke

    Eisuke

    政治の基本についてわかりやすく解説してくれる本。

    この一冊を頭に入れておけば、日々のニュースを理解するだけでなく自分で考えることもできるようになるはず。

    若い世代が敬遠しがちな「政治」というテーマがいかに重要なのか。
    多くの人が読むべきな本だと思う。
    続きを読む

    投稿日:2019.03.03

  • あるふれっと

    あるふれっと

    読みやすいです。丁寧に説明してくれるオッサンと飲みに行った感じで、意見が入ってくる。諸問題をどのように捉えて、どのように考えるか、を提案してくれてる感じで、洗脳されてる気がしないのがいい。

    投稿日:2018.12.28

  • k-masahiro9

    k-masahiro9

    このレビューはネタバレを含みます

     合意とはなにか。契約とはなにか。
     それは、自分の意志です。
     人間は自由である。自由は、なにものにも縛られない。ただ縛られるのは、自分の意志である。自分が自由に、こう約束する、と決めて、将来の自分を拘束する。そのことで自分の自由がかえって拡大する。自由のための、自由の制限。それが契約です。
    契約から権力が生まれる、とは、人びとの自由から権力が生まれる、という主張です。(p.60)

    血縁を取りのけた家族の本質は、なにか。それは、役割の束、です。家族として暮らし、家族としての役割を果たしたい。そう考える人びとが、家族を構成するのは、自由です。法律は、それを支援すべきで、それを制限すべきではない。これが、これからの家族法の方向だと思います。(p.220)

    自分で選んだことだからこそ、それを引き受けることができ、自分は自分だと思うことができるわけです。その点では、鳥もモーツァルトも、どんな人間も、みんな変わりません。そんなふうに人間は選択をし、自由であることを前提に、社会は出来あがっています。(p.236)

     なぜキリスト教は、うまく政治の制度をつくれたのか。それは、神(God)がこの世界を支配している、と考えたからだ。
     紙が、自然を造った。人間も造った。そして、人間一人ひとりに、生まれながらの権利(自然権)を与えた。自然権は、神が与えたもので、ほかの人間が奪ってはならない。リーダー(権力者)も奪ってはならない。(p.248)

    レビューの続きを読む

    投稿日:2018.12.10

  • takeshishimizu

    takeshishimizu

    「政治の教室」をずいぶん前に読んだと思う。内容はすっかり忘れている。けれど、そのころからきちんと政治と向き合うようになったのだと思う。30歳代になったころだろうか。橋爪先生の文章は歯切れが良くて読みやすい。一つ一つ納得しながら読める。けれど、たいがいはすっと忘れてしまう。残っているのは消費税。橋爪先生は確かに消費税が、一番害が少ないと書いていた。これはじぶんの直感にもあっている。それを信じよう。それとも、これは橋爪先生の本などを読むうちに身についた考え方なのだろうか。教育については、確かに、高等教育とか大学入試の仕組みとかはアメリカに見習うべきことは多いと思う。しかし、初等・中等教育についてはどうか。いろいろ問題は抱えながらも、平均的な学力を身につけるという意味では優れている部分も多い。まあしかし、とんがった人間をつくるという意味では良くないか。いずれにせよ、入試については抜本的な改革がない限り、結局はもとの木阿弥になるのではないだろうか。自由についてはどうか。自由だと思っていたら、自分の好みを知り尽くしたAIに推薦されるまま商品を購入していたなんてことが起こるかも、いや起こっているのかもしれない。奇しくも昨夜、ジレンマでそういう話をされていた。まあそれはそれで、自分が幸せと感じているのなら良いのかもしれない。続きを読む

    投稿日:2018.10.28

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。