まんが アフリカ少年が日本で育った結果

星野ルネ / 毎日新聞出版(インプレス)
(20件のレビュー)

総合評価:

平均 3.8
4
2
6
0
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • samplecdi

    samplecdi

    J03614
    Twitter の人気連載がついに書籍化! カメルーン生まれ、関西育ちの元"少年が描く 笑いと涙のコミックエッセイ!"

    投稿日:2021.09.14

  • samplecdi2

    samplecdi2

    Twitter の人気連載がついに書籍化! カメルーン生まれ、関西育ちの元"少年が描く 笑いと涙のコミックエッセイ!"

    投稿日:2021.09.14

  • 熊本  ててんご

    熊本 ててんご

    アフリカ系の人が日本で生活した時に遭遇する出来事は、アメリカに住んだ時と全く違うだろう。経験者の体験は、面白い。日本国籍の国際信用度が高くって、良かった。

    投稿日:2020.07.19

  • ウッサン

    ウッサン

    カメルーン生まれ姫路育ちの作者、某新聞で紹介されていたので読んでみました。なかなか奥が深い、続編も読みます!

    投稿日:2020.07.14

  • 赤木かん子【公式】

    赤木かん子【公式】

    日本はアメリカほど人種差別はひどくありませんが、それでもないわけではありません。
    私の知り合いの男の子も、アフリカ系だからといって、スポーツできるわけじゃねぇんだよっ!
    と切れてたことがあるし(彼は徹底してインドア派です。バスケ、うまくない(^^;)英語だって話せるわけじゃない。
    このコミックエッセーは、日本にいる、外見からよそ者扱いされてしまう人たちのあるある、がたくさんあって、こちらも自分で気がついてない、あ、うっかりしてました、の差別感を教えてくれます。
    最近のスポーツ選手、国籍日本人で見た目の違う選手、増えましたね。
    彼らのおかげで日本人、という意識も少しずつ変革を余儀なくされていってるように思います。
    とりあえず学校に入れておいたほうがいいでしょう。

    2020/07/06 更新
    続きを読む

    投稿日:2020.07.03

  • かとのひも

    かとのひも

    カメルーンと日本と、二カ国の文化にふれて育ったルネさんのエッセイコミック。

    どちらの親戚も、おおらかで良いな!
    お墓のエピソードは、なるほどと思った。
    当たり前は当たり前ではないのだ。

    投稿日:2020.06.12

Loading...

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。