共産主義の誤謬 保守政党人からの警鐘

福冨健一 / 単行本
(3件のレビュー)

総合評価:

平均 4.0
1
0
1
0
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • bond

    bond

    勉強になりました。知れば知るほど気色悪い共産主義。けど知っとかないとソ連や中共のような国になってしまう。オウム真理教は「怖い、気味悪い」と思うのに、その国家版は何とも思わないのは、共産主義、全体主義のことを知らないからだ。続きを読む

    投稿日:2019.11.06

  • ひらり庵

    ひらり庵

    先進国(韓国を含め)で共産党を法的に警戒せず、むしろ躍進させているのは日本だけであること、日本には共産主義のシンパが意外と多いこと、それはヘーゲルの弁証法の考え方が日本人の嗜好に合っているからと指摘している。たしかに会議では、対立する2つの案をどちらか1つに絞ることは和を乱すので、両者の言い分を含んだ折衷案が好まれる。そのような発想が史的唯物論を支持し、共産主義思想の跳梁跋扈に関係しているとは夢にも思わなかった。続きを読む

    投稿日:2019.03.17

  • 中央公論新社

    中央公論新社

    日本共産党の問題点、犯罪等を描いたルポはいくつかあるが、本書は思想としての共産主義について検証する。著者は民社党、民主党、自民党を渡り歩いた経験から、日本共産党の歴史や綱領のポイントをわかりやすく解説。また諸外国の社会主義政党、共産主義政党の事例を引いて比較検証する。共産主義批判の論点をコンパクトにまとめた一冊。続きを読む

    投稿日:2017.03.22

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。