青空トランペット

吉野万理子, 宮尾和孝 / 学研
(3件のレビュー)

総合評価:

平均 4.3
2
0
1
0
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • となみとしょかん

    となみとしょかん

    ・この本には、野球場でトランペットを吹いて応援したいという夢を持つ男の子が一生懸命で読んでいて次が読みたくなる前向きな本でした。読むとやる気が出ます。

    投稿日:2019.01.30

  • mitu310

    mitu310

    小学6年生の広記は、父、妹の奈奈、同級生の建太郎、トモちんと横浜スタジアムでベイスターズの応援をするのが一番の楽しみ。

    憧れは、ハマのキャプテン筒香嘉智。
    「体が大きくって、森のどまんなかに生えてる、どっしりした木みたいだ」


    「応援する人じゃなく、応援される人になりなさい」

    こうお母さんに言われたという建太郎は、もう観戦は一緒に出来ないと言い出す。

    2016年春、ベイスターズは最下位にあえいでいた。


    「君は将来、何になりたいの?」

    大人が子供に聞く質問の定番。

    小学6年生の広記にとって、こんなに難しい質問はない。

    トモちんは地元野球チームのエース。男の子に負けていない。
    広記は、5年生の時にそのチームを辞めてしまったけど。

    建太郎は中学受験して、自分の夢をつかみに行くらしい。

    ハンディキャップのある妹の奈奈は、しっかりとした自分の考えを持っている。

    ベイスターズがはじめてクライマックスシリーズに進出した2016年。

    ハマの番長三浦大輔が現役を引退した2016年。

    広記の家にも小さな奇跡が舞い降りる。


    語り合うこと。

    人を励ますこと。

    「応援」する人自身が、実は元気になっていく。
    続きを読む

    投稿日:2018.12.26

  • kokkomame

    kokkomame

    このレビューはネタバレを含みます

    2016年。小学6年生の広記(ひろき)は、ベイスターズの野球の観戦に行くのが大好き。横浜スタジアムには、ベイスターズの三浦大輔選手のファンである父、目に障害がある妹、それに仲良しの同級生の健太郎、女子だけど野球大好きで男子と野球チームに入っているトモちんと一緒に行くのが1番の楽しみだ。

    ところが健太郎が、受験勉強のため野球観戦`応援引退宣言`をした。親に「応援する人じゃなく、応援される人になれ」と言われたらしい。

    健太郎だけではない。女子で野球を続けるにはどうしたらいいのか真剣に考えているトモちんや、目のことがあるから将来も守っていかないとと思っていた妹まで、少しづつ成長して、夢にむかってすすみだした。

    いつも「どうせ」が口ぐせの広記もあせりはじめるが、父がかけた言葉は・・・

    レビューの続きを読む

    投稿日:2018.08.15

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。