いい緊張は能力を2倍にする

樺沢紫苑 / 文響社
(13件のレビュー)

総合評価:

平均 3.7
2
4
5
0
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • Q

    Q

    以下、いいなと思った点です。
    ・緊張感を敵じゃなくて味方だと思う
    ・自分の緊張度合いを数値化してみる(maxが100なら今は70…など)
    →緊張の度合いが高いと…どうするんだったっけ忘れた…
    ・吐くほうを意識した5秒吸って10秒吐く、さらに5秒吐く、を3回繰り返す深呼吸で落ち着く
    ・自分のことを考える(この発表で失敗したらどうしよう…みたいな)のではなくて、まわりのことを考える(この発表で客席のみんなを楽しませよう、みたいな)というフォーミーじゃなくてフォーユーの考え方を持つ

    初版を読んだんだけど誤字脱字が多い…。
    そんなに内容詰め詰めでもないのに、
    気づいただけでも4箇所くらいありました。
    続きを読む

    投稿日:2020.09.21

  • おいも

    おいも

    このレビューはネタバレを含みます

    主に学んだ内容
    ◆具体(事実)
    1. いい緊張は能力を2倍にする。
    2. 緊張はコントロールできる。
    3. 「見られている」から「見ている」への変換。

    ◆抽象(本質)
    1. 緊張することでテンションがあがり、高いパフォーマンスを発揮することができる。緊張は、低すぎても高すぎてもよくない。「緊張の逆U字理論」
    2. 副交感神経が緊張を緩和する。(リラックスの状態に入る。全身が休息モードになる。)
    【自律神経のはなし】
     ・自律神経が臓器をコントロールしている。
     (緊張時は交感神経)
     ・反対に、臓器を調節し自律神経を操作することができる。(副交感神経にする)
    3. 自分からアイコンタクトを行い、監視されているという条件を取り除く。

    ◆転用(行動)
    1. 「緊張は味方である」ということを理解する。
    2. 副交感神経を優位にする方法は、深呼吸である。
    【正しい呼吸法を行う】
    ①5秒で鼻から息を吸う。
    ②10秒かけて口から息を吐く。
    ③さらに5秒かけて、肺にある空気を全て吐ききる。
    3. 発表する場面では、聞き手とアイコンタクトをとり、主導権を握る。

    レビューの続きを読む

    投稿日:2020.08.10

  • bookshin0131

    bookshin0131

    このレビューはネタバレを含みます

    緊張が苦手な人は「緊張は敵」と考え、世界的なアスリートは「緊張を味方」と考える。
    最高のパフォーマンスには、緊張は不可欠!

    「深呼吸」は究極の緊張緩和法
    交感神経から副交感神経に切り替える。副交感神経を優位にする最も簡単な方法は、「深呼吸」です。心拍数や体温は自分の意思でコントロールできませんが、「呼吸」だけは、自分の意思で簡単にコントロールすることができます。副交感神経が優位になると呼吸はゆっくりになりますが、その逆も真なりで、呼吸をゆっくりするだけで副交感神経が優位になるのです。
    誰でもできる1分深呼吸法のすすめ
    1、5秒で鼻から息を吸う(5秒)
    2、10秒かけて口から息を吸う(10秒)
    3、さらに5秒かけて、肺にある空気を全て吐ききる(5秒)

    「100%準備した」と心の底から思えるようになれば、過剰な緊張は生じません。
    「タイムマシーンで戻っても、やり残しはないか?」という問いに、迷わず「全てやり尽くした」と言えるのなら、それが「やり残しなし」として脳のデータベースに書き加えられます。「最善を尽くした」という実感があれば、それはものすごい自信につながり、「過緊張」を抑制します。
    「タイムマシーンで戻っても、やり残しはないか?」とてもよい質問なので、覚えておいてください。

    レビューの続きを読む

    投稿日:2020.06.19

  • @おおたか

    @おおたか

    この方の書籍はモチベーションアップのためにたまに読むとよいなと思います。
    緊張をコントロールするための呼吸法。吸うのは交感神経で、吐くのは副交感神経。というのが勉強になりました。
    また「ワクワクする!」と言うと色んな物事が上手くいく、ということを忘れないようにしたいと思います。続きを読む

    投稿日:2020.05.14

  • なかのん

    なかのん

    今まで読んできた本は、精神論のみのものが多かったため、脳科学でしっかり証明されていることが載っているこの本は私にとって良い本だった。

    投稿日:2020.03.14

  • nakao1

    nakao1

    やや話が脱線しがちなこともあるが、オーソドックスに色々なことが書いてある。準備や計画が緊張するしないを含めてを左右する重要な要素であることは納得できる。

    投稿日:2019.12.09

Loading...

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。