ハーン ‐草と鉄と羊‐(7)

瀬下猛 / モーニング
(2件のレビュー)

総合評価:

平均 4.0
0
1
0
0
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • chokusuna

    chokusuna

    このレビューはネタバレを含みます

    ジャムカとの戦いでの伏兵を、日本から金に渡った謎の老人に見切られ、討たれる寸前までいくが逃れた九郎。ジャムカは戦には勝つが、金にとどめを指すことは止められ、また戦後の処置が苛烈だったため、かえって声望を落とす。九郎は逃亡の途中でボオルチュの父の元に寄るが、そこにはタタルの族長が身分を偽って潜り込んでおり、飼いならされた犬は始末する、という思想にあてられることになる。デイ・セチェンの元で、九郎は、大陸の東西を結ぼうとスケールの大きな話をする商人イルハンと知り合い。九郎は一時的に金に取り入ることに決めたが...。

    レビューの続きを読む

    投稿日:2019.06.02

  • すんしん─金欠の腐クロウ─

    すんしん─金欠の腐クロウ─

    今から大事なこと言うけど、

    ハーンは見開きが多いから電子勢は横置きで見てね。
    もう7巻だから言うの遅いけど。



    『ハーン -草と鉄と羊-』⑺


    読んだ。
    タイトルにもある“鉄”が絡んでくる新刊

    表紙、なんとジャムカが。
    このまま表紙を義経が1人で飾り続けたらどうしようって思ってました。


    【ジェルメ】
    ポッと出キャラなんだけど義経の隊員としてしっかり馴染んでいる。背景が掘られてないキャラを、物語に食い込ませるの上手い。
    若く、飄々とした振る舞いのジェルメ。
    しかし表情は豊かで、見ていて面白い。


    【イルハン】
    皆大好きイルハン!
    な〜イルハン好きだよなあ?!
    イルハンの子供時代もっと見たかったよな〜。いや今も子供なんだけど。

    ラクダを見て「なんという動物だろう…」って場面、なんか好きだな。義経は日本人なので。

    本誌勢なので高みの見物ですが、次巻も楽しみですよね。クケケ。

    ボォルチュファン息してる?大丈夫?深呼吸してボォルチュを信じよ?
    続きを読む

    投稿日:2019.05.25

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。