リスク・テイカーズ ―相場を動かす8人のカリスマ投資家

川上穣 / 日本経済新聞出版
(8件のレビュー)

総合評価:

平均 3.7
1
3
1
1
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • やなぎ

    やなぎ

    レイ・ダリオ氏のところは非常に参考になった。
    投資をかじったことのある方、トレーダーなら必読の書だと思う。

    投稿日:2017.12.31

  • aya00226

    aya00226

    「木は大きくなる」たとえゆっくりでも時が経てば経済は大きくなる。

    ウォーレン・バフェットは毎年慈善活動の一環として自分と一緒にランチをする権利を入札にかけてきた。アインホーンはこれを25万ドルで落札した。

    安全性のゆとり、を持つ。1~10ランクがあったら1か10を売買する。中途半端なことはしない。

    異なった業種の株式を6~8銘柄で、それ以上分散するメリットは少ない。

    ダリオ
    失敗は成功の源 苦痛+反省=進歩。
    周りの優秀な人にストレステストにかける。違った意見を聞く。
    ブリッジウォーターの顧客向けレターはFRBの必読になっている。
    朝の20分間の瞑想。瞑想によって本来の自分に立ち返り、他人の評価を気にすることなく自分に忠実に行動する。

    バス=日本売り、ブットの買い。
    日本よりカナダ、ノルウェー、オーストラリア、インドネシア、インド。

    皆が貪欲なときは慎重に、皆が怖気づいているときは強欲になれ。
    明日の相場ではなく、永続するビジネスになるかどうか。
    続きを読む

    投稿日:2017.08.20

  • アイーシャ

    アイーシャ

    "【世界最大のヘッジファンド レイ・ダリオ】
    生き方の5か条
    ・他人が望むことよりも、自分がしたいことのために働く
    ・目標を実現するために必要な自分なりの考えを持つ
    ・考えられる限りもっとも優秀な人々に対し、自分の考えをストレステスト(査定)にかける。そうすれば、その考えのどこに誤りやもろさがあるか一目瞭然になる。
    ・自信過剰になってないか最新の注意をはらう
    ・現実と真正面から向き合う。もし誤りがあれば直し、さらなる進歩を図る。


    【ウォーレン・バフェット】
    ゲームの勝者は、グラウンドのプレーに集中する選手です。スコアボードに目が釘づけになっている人に勝ち目はありません。平日も、土日と同じように過ごせるよう頑張ってください。"
    続きを読む

    投稿日:2017.07.12

  • kageccho

    kageccho

    アメリカの8人のカリスマ投資家を紹介した本。キャラクターも投資手法も様々だが、熱意と自分を強く持っていることは共通している。

    投稿日:2017.03.26

  • thesakuzo

    thesakuzo

    すごくいいわ。
    一番儲けのあるやつが、なんと低位株ファンド。
    ルネッサンスよりも利益があるという。。。

    投稿日:2015.04.27

  • bays12

    bays12

    投資家と言えば、個人から生業としている人まで様々いますが、この書籍は世界的に大きなお金を動かしている投資家にスポットを当てた一冊。

    投資のプロと言える人物の哲学と、その投資法はどのようにしているのか。投資家それぞれのスタイルもあり、そのスタンスを知る事もできるのは、ある種勉強になるかもしれません。

    実際に投資をしている人なら、一度読んでみても損はない一冊。
    続きを読む

    投稿日:2015.01.22

Loading...

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。