小説 ちはやふる 下の句

有沢ゆう希, 末次由紀 / 講談社文庫
(2件のレビュー)

総合評価:

平均 4.0
0
1
0
0
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • くまちゃん

    くまちゃん

    このレビューはネタバレを含みます

    幼なじみの新がかるたを辞める。
    衝撃的な言葉から入った下の句。
    大好きだったおじいちゃんを1人にし
    自分がかるたの大会に出たことで
    おじいさんが亡くなってしまった。
    自分を責め立ち直ることができずにいた。
    千早や太一は
    「新のことは強くなって待とう」
    と決め、2人は力をつけていくが
    現クイーンの
    若宮詩織の存在を知ると
    「クイーンを倒したい」という思いに駆られてしまう。
    チームとして
    団体戦を戦うのか
    新がかるたに帰ってきて欲しいという想いで
    個人戦を重視するのか
    私は太一の気持ちも
    千早の気持ちも分かって
    自分ならどうするのか
    分からなかった。
    次へ次へページをめくりたくなる
    作品だった。

    レビューの続きを読む

    投稿日:2021.04.28

  • 講談社文庫

    講談社文庫

    何のためにかるたをやるのか。誰もが悩みもがく

    もうかるたをやめる、そう口にした新の頑なな態度に戸惑う千早。そんな中、高校生かるたクイーン・詩暢の存在を知り、千早は激しく闘志を燃やす。個人戦対策に夢中になるあまり、千早が見失いかけたものとは。続きを読む

    投稿日:2018.01.15

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。