私たちが仕事をやめてはいけない57の理由

川崎貴子 / 大和書房
(9件のレビュー)

総合評価:

平均 4.2
4
3
2
0
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • kne

    kne

    仕事していると女性のライブイベントを特別なものと思いがちだけど、男性にも理解し対処できるようにこちらが先回りできればうまく泳いで行けるんだろうなと思わせてくれる本でした。

    投稿日:2021.09.26

  • れもん

    れもん

    女性ならではの悩みにズバッと答えてくれる一冊でした。自分だけが悩んでいることなのかな…と思っていたこともそうではなかったんだ!と分かり、
    読んでスッキリしました。

    投稿日:2021.06.07

  • がちこ。

    がちこ。

    仕事を辞めたくはないけど、と不安になっている自分の状況にちょうど合った本。
    毒舌な語り口ですが書いてあることは的を得ているので、
    面白く読めました。
    まだ結婚していない方から、子供が出来た人まで、幅広いステージの女性が楽しめると思います。続きを読む

    投稿日:2018.08.19

  • mishuranman

    mishuranman

    このレビューはネタバレを含みます

    やめて再就職で四苦八苦している身としてはつくづく同感する。といっても反対側からであるが。嫌われないおばあちゃんバイトを目指します。

    レビューの続きを読む

    投稿日:2017.10.22

  • sakibear

    sakibear

    作者は同い年。
    「働くことは筋トレです。使わなければ、すぐに、筋肉は落ちてしまいます。」
    「女性が自由に、幸せに生きていくためには「経済力がらあること」が欠かせない」
    「男性が親の介護を機に時短勤務になったり、産休や育休よりも先の見えない介護休暇を取ったり、あるいは退職したりするのはほぼ確実な未来」
    そうそう!と思うところがたくさんある。20代で読みたかった。作者か同い年なので無理なのだけれど。
    続きを読む

    投稿日:2016.08.07

  • mameha

    mameha

    育休からの復職を前に、恐れおののいている自分がいる。周囲からの白い目、休んでいる間に大きく環境が変わり分からないことだらけだったらどうしよう、育児と仕事の両立ができなくてにっちもさっちもいかなくなったらどうしよう、と不安だらけ。けれど、無駄に恐れるのではなく、どんなことが起こっても、どんなにいじめられて白い目で見られても、みじめな想いをしても、それでもすべてを受け止め、ときに受け流し、両立で悩んだり奮闘したりしたことこそ貴重な人生経験だと思って、進んでいこうと思った。
    何が起こってもいい、覚悟を決めて、腹をくくる。壮絶な過去だったけれど、その経験が語れるということが価値。子どもに「かっこよくて、いつもきれいなママ」と思われるように仕事をして美容やファッションにもお金をかけて物理的にも精神的にも豊かな親でいよう、そんな想いにさせてくれた。
    続きを読む

    投稿日:2016.05.24

Loading...

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。