エロス的人間

澁澤龍彦 / 中公文庫
(2件のレビュー)

総合評価:

平均 0.0
0
0
0
0
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • 中央公論新社

    中央公論新社

    「太古の闇のなかの恐怖をそのまま現代に持ってきたかのような、社会生活をおびやかす暗い力」即ちエロティシズムへの考察。〈解説〉諏訪哲史

    投稿日:2018.05.30

  • toca

    toca

    新装版で再読。今月はエロティシズムに関するエッセイが2冊新装版になったのだが、そのうちの1冊。
    ジャン・ジュネ論は何度読んでも面白い。また、白水社から『城の中のイギリス人』が愛蔵版で復刊されたばかりなので、『文学的ポルノグラフィー』もタイムリー。
    折角なので他にも新装版にして欲しいものが色々あるのだが、無理かなぁ……。『三島由紀夫おぼえがき』、新しくならないだろうか。未発表インタビューが講談社から出たばかりだし、丁度良いと思うんだけどね。
    続きを読む

    投稿日:2017.09.23

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。