五等分の花嫁(9)

春場ねぎ / 週刊少年マガジン
(5件のレビュー)

総合評価:

平均 4.5
2
2
0
0
0
  • さらに大きく動く恋愛模様

    三久が表紙ですが、三久は前巻大きな見せ場があったので、その流れにいます。
    その代わり、ニ乃、一花がクローズアップされています。

    二人は、前に行われた人気投票では4と5位でしたが、もう一回やったらどうなるか。
    それくらいこの巻の彼女らは可愛かったです。二人の直接対決は好きなシーン。
    ニ乃のポニテもかわいかった。ずっとあれでもいいんじゃないかな笑。

    恋敵は姉妹というのが、この漫画の特徴でもありますが、
    それをうまくまとめて、必要以上にギスギスさせない話の持っていき方がうまい。
    そこに四葉を使っていて、姉妹をまとめる働きをしている彼女が今後どういう動きを
    見せるのかも気になりました。

    そして、五月。出番は多くないのですが、しっかり美味しいところ?を持っていきます。

    マガジン購読していないので、次巻が待ち遠しくてなりません。
    作画共に高いレベルを保っているラブコメだと思います。
    続きを読む

    投稿日:2019.04.20

ブクログレビュー

"powered by"

  • 小鳥遊ひよの

    小鳥遊ひよの

    一花「二乃のブレーキは壊れてるんだ!」
    ぼく「お前もだろ!」

    女の戦は京都で大波乱の予感。
    勉強と同じく、恋もカンニングはいけない。
    成長と同時に乗り越えるべき闇も見える。
    男の戦は爽やかでよかった。風太郎はブレなくて安心する。続きを読む

    投稿日:2019.10.02

  • タカツテム

    タカツテム

    二乃の告白、偽五月によるキス。そして五つ子の半分が表面的に見ても風太郎に好意を寄せる現状。何よりもクラス替えによって風太郎はその五つ子全員と同じクラスになってしまった。どうしたって人間関係は変わっていくし、その変わっていく人間関係に風太郎は向かい合わざるを得ない。
    そういったものを感じさせる巻だった

    また学校以外でも変化は有って。
    風太郎のバイト先であるケーキ店に入ってきた二乃。彼女は既に風太郎に告白している身だから、後は風太郎に自分の魅力を認めさせて再度アタックすれば良いだけの状態。……まあ、ラブコメ的には最初に告白したヒロインって大抵報われないんだけど
    それでも行動の動機は風太郎に認められることであっても、ケーキ店で自分に与えられた仕事に関して責任を果たそうとする姿勢はとても好印象
    そりゃ風太郎だって思わずフォローしてしまうというもの

    この後、毎度のように中野父の出現によってテストのハードルが設定されるのだけど、今回一風変わっていたのは風太郎自身の成績に関するハードルが用意されたこと
    前回のテストでは五つ子の面倒をみるばかりに風太郎の点数が落ちていた。なら、いずれこういう展開が生じるのも仕方ないのか
    しかし風太郎は圧倒的な成績によってあっさりとハードルをクリアする。全国模試で3位とか普通に凄いのだけど、それ以上に凄い展開は突如訪れた一花の変貌

    少し前から風太郎を誰にも譲らないためには何が出来るのかと不穏な空気を纏っていた一花。それがここに来て最高潮に到達してしまった印象
    まさか三玖の顔であんな発言をするとは思わなかったよ
    二乃に対しても自分の好意を明らかにしたし、風太郎と澪奈が写った写真を見て何かをする腹積もりのようだし、今後は一花の行動は風太郎と五つ子の関係性をぶち壊すものになりそうで怖いな


    今回の内容で気になったのは72話の四葉の態度。これまでもあまり本心を見せるキャラクターではなかったけれど、72話終盤のあの表情はとびっきりに謎
    「風太郎と付き合っているのでは?」という二度の質問に対して、一度目は照れながら「恐れ多い!」と返したのに二度目の際は「ありえません」と何かを諦めたかのような表情
    その間に四葉に変化を齎しそうな事態といえば、風太郎が誰かから告白されたのでは?と推察できるような発言をした場面のみ
    他の五つ子が風太郎との距離を縮め、中には恋愛レースでトップに立つべく策謀を巡らせた一花も居る。だというのに四葉だけは風太郎への想いを諦めたような状況
    これは今後、四葉をメインとした何らかの大きな事件の引き金となりそうな気が……
    続きを読む

    投稿日:2019.04.29

  • よーぐる.uq1

    よーぐる.uq1

    一般的なハーレムものとはやっぱりひと味違う。キャラ同士の距離感とかがまだ空いた状態でジリジリやっているのは最近では珍しいのでは。でもその距離感の中でも恋愛感情をしっかり感じられるのがすごい。

    投稿日:2019.04.19

  • Saku

    Saku

    このレビューはネタバレを含みます

    貧乏な生活を送る高校2年生・上杉風太郎のもとに、好条件の家庭教師アルバイトの話が舞い込む。ところが教え子はなんと同級生!! しかも五つ子だった!! 全員美少女、だけど「落第寸前」「勉強嫌い」の問題児! 風太郎は、超個性的な彼女たちを「卒業」まで導けるか──!?

    レビューの続きを読む

    投稿日:2019.03.29

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。