美味礼讃

ブリア=サヴァラン, 玉村豊男 / 新潮社
(3件のレビュー)

総合評価:

平均 4.7
2
1
0
0
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • yuusukee

    yuusukee

    どんなものを食べているか言ってみたまえ。君がどんな人か言い当ててみせよう。
    有名な箴言がものがたるように、美食と人間に関する随想。フランス革命期の、時代の雰囲気が素晴らしい。
    それに加えて、玉村先生の翻訳解説が素晴らしい。この構成、当然類似はあるのだろうけど、ツッコミにもにたユーモアあふれる解説が心地よい。美味礼讃を料理した、という事か。
    どんな本を読んでいるか言ってみたまえ…
    続きを読む

    投稿日:2019.10.23

  • 萵苣(chisya)

    萵苣(chisya)

    森茉莉さんの貧乏サヴァランを読んで、本家も読もうと思ってたのでした。
    ダイエットのことで、炭水化物を食べるな!とか炭酸水を飲め!とか、今でも似たようなことを聞くからサヴァラン先生すげーって思いつつ読んだのでした(笑。
    新訳だし、冗長な部分(自慢話など)大幅カット版ということで凄く読みやすかったです。
    訳者さんの突っ込み…もとい補足解説も興味深かったですし。
    美味しさを鼻腔で感じるという部分は、先日のテレビでやっていた「すすらないことで風味を4倍も損する」ってところであぁーって思ったり。
    お寿司やさんが口に入れた瞬間にうまいって言わないでって言っていたのと通じるのかなぁ…とか(感想は咀嚼して飲み込んでから。
    それから口中調味ね!カルチャーショックでした。日本人独特の食べ方だったとは…。
    これもタイムリーにテレビでアメリカ人がカツ丼を食べるときに、上のおかずだけ先に食べてご飯と一緒には食べないのを見られたので「これね!」と。
    うん、おもしろかったです。
    岩波文庫版もそのうち挑戦してみようかなっ。
    続きを読む

    投稿日:2018.02.17

  • reso100

    reso100

    ブリア=サヴァランの代表作は読んでみたいと思っていたが,岩波版は立ち読みしたが,読み通せないと思った.本書は素晴らしい構想で原書を本当に読みやすい形にしてある.随所に挿入されている解説部分は場合によっては本文より面白い.これだけの本を書くこと自体,大変なことだが,それをバックアップしている食体験は凄い.グルメ(gourmet)はよく知られているがブリア=サヴァランはグルマンド(gourmand)大食漢であった.続きを読む

    投稿日:2017.10.29

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。