ランウェイで笑って(10)

猪ノ谷言葉 / 週刊少年マガジン
(2件のレビュー)

総合評価:

平均 3.5
0
1
1
0
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • asaitatsuya

    asaitatsuya

    芸華祭が終わって、唐突にインターンシップ全開な展開に。芸華祭の迫力に比べると、インターン編はちょっと勢いが足りない感じ。

    投稿日:2019.05.25

  • タカツテム

    タカツテム

    社会人編スタート
    舞台や人間関係、そして育人の目標が色々と変わったために、ちょっとしたとっつき難さは有ったかな?
    そして前巻掲載の次巻予告で「どのように認められ、社員へと上がることができたのか」と書かれていたけど、トワル作製、パターン引き、そしてペンギン袖のシーンで口出ししたことが評価されたという認識で良いのだろうか?それとも本当にコネ就職……?

    何はともあれ社員へと上がった育人。だというのに育人が配属されたのはコネ入社のチーフ美依がトップの閑散とした部署で……
    これまでも育人の前には様々な壁が立ち塞がったけど、「やることがない」とはこれまた難しい問題。自分が何かしら仕事して功績を認められるだけでなく、部署全体の停滞感も解決する必要もあるわけで
    まあ、結局は柳田の部署に移されたけどいずれ美依の問題にも首を突っ込むことになるんだろうな

    そして柳田の部署で早速任されたのは本来遠がやるはずだった修正作業。新人の育人が代わりにやるだけでも大変だというのに、同時に遠も服の修正をやることになって、と
    図らずも芸華祭のリターンマッチのようになった構図

    そこで重要とされるのはこれまでのような才能やデザイン力ではなく知識。育人が良い修正法が思い浮かばず苦戦するのは結局服飾に関する知識がまだ少なすぎるからだね
    カルロスが「新しい記事が開発された」という報道を見て萩繊維に行くシーンはその象徴であるように感じられた

    だから育人がこの局面の突破口を見つけるには新しい知識の吸収が必要なわけで。
    それに千雪が一役買う展開は良いなぁ
    というか千雪のヒロイン力が大幅にアップしてるんですけど。カラオケ店での表情とか本当に良かったよ

    どうにかこうにか一部分では遠を超えることができた育人
    最初の仕事としてはまずまずの結果なのかな

    期せずして千雪とご近所さんになってしまった育人。時を同じくして心も帰国したようで次巻はラブコメ方向の展開も期待してしまう
    いや、普通にギスギス度が増していく部署がどのような波乱を迎えるのか気になるけどね
    続きを読む

    投稿日:2019.04.28

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。