髑髏城の七人

中島かずき / 双葉文庫
(5件のレビュー)

総合評価:

平均 4.0
1
2
1
0
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • ちもこ

    ちもこ

    タイトル*髑髏城の七人
    著者*中島かずき
    出版社*双葉社

    時は戦国、本能寺の変から八年過ぎた天正一八年。関東一の色里、無界の里に関東髑髏党が襲来した。里にかくまわれていた沙霧を狙う髑髏党の前に、客の捨之介や無界の主・蘭兵衛らが立ちはだかる。じつは、捨之介と蘭兵衛、髑髏党を率いる天魔王には深い縁があったーー。戦国末期、信長の亡霊と無頼の徒の死闘を描いた『劇団☆新感線』代表作、小説版。  [文庫本あらすじより]続きを読む

    投稿日:2018.04.07

  • one_flat

    one_flat

    題の劇「髑髏城の七人」 チケットを探したがもう見つからなかった、その時花鳥風月に続いて、極を上演するとか・・・。 早速チケットをgetしたのですが、この極は少しストーリーが違うらしい。(毎回少し違うらしいのですが・・・) とりあえず予習のためにこの本を入手、読んでみました。 髑髏城、鉄騎隊、天魔王、これらがバイオレンスジャックのスラムキングを思い出させる。 話は進み最後に七人が誰のことか解る。 う~! 違うメンバーだと思っててな~!続きを読む

    投稿日:2018.01.18

  • もちど

    もちど

    このレビューはネタバレを含みます

    観劇記念に。(シーズン月・下弦)
    お芝居とは色んなところが違っていて、このストーリーの持つ力強さを感じた。他のバージョンも見たり読んだりしてみたい!

    レビューの続きを読む

    投稿日:2018.01.17

  • かみのひづめ

    かみのひづめ

    舞台を見終わった後に、読みました。
    舞台の時は、いまいち理解できてない部分もあったのですが、小説版で補完されました。
    ちなみに、全部が全部舞台と同じわけではありません。
    これから観劇される方も観劇後に読まれると、よいかもしれません続きを読む

    投稿日:2017.12.22

  • むじゅん

    むじゅん

    文庫化したのでこれからの公演に備えて読了。
    今までの公演はアカドクロ、ワカドクロを見ていたがそれとは展開、描写が若干の違いがあり新鮮だった。

    物語のトーンは公演らしい派手さ、テンションの高さはなくシリアスめに抑えられている。
    その分人物それぞれの背景がこまかく描写されているのでまた新しい印象を知ることができてとてもよかった。小説で人物の感情の機微を補完できて満足度高し。
    自分がアオドクロ、97年を見られていないのが惜しくなる。
    これから花鳥風月と公演が楽しみでならなくなってきた。
    続きを読む

    投稿日:2017.05.13

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。