偽りの花嫁~孤王の褥に蝶は舞う~【イラスト入り】

絢谷りつこ, サマミヤアカザ / ガッシュ文庫
(2件のレビュー)

総合評価:

平均 4.0
1
0
1
0
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • megumi33

    megumi33

    このレビューはネタバレを含みます

    面白くて、読後感もとても良かったです。
    男ながら性別を女と偽り、旅の舞姫一座「幻蝶」の花形舞姫として過ごす遙華。
    ある日、大国の広場で踊りを披露していた最中、国王凱真に王宮で舞を披露するように命じられる。
    宴で若き王に見初められた遙華はその夜、夜伽を命じられた。
    このままでは男であることがバレてしまうーと、危機感を強めつつも、仲間たちを無事に出国させるために自ら伽をすることを申し出る。
    だが、暴君と畏怖される国王は意外な素顔を持っていて―。


    幼い頃、血を見たために実戦で闘うことができず、やむなく女として生きてきた遙華ですが、凱真から
    ―刺客をおびき出すための囮として、花嫁になって欲しい。
    と頼まれ、愛する男の力になりたくて引き受けます。
    遙華が男と知りつつも、その人柄を愛し側に置こうとする凱真、血を見るのを厭いながらも愛する男を守るためにもう一度闘おうと決意する遙華。
    どちらも魅力的なキャラです。
    花嫁もの、女装男子、舞姫と好きな設定のてんこ盛りなのも良かったですし、後は、情感溢れる素敵な文章が物語を更に読み応えのあるものにしていました。

    レビューの続きを読む

    投稿日:2017.08.08

  • usamomo21

    usamomo21

    う~ん!あんまり後味が いい感じはしなかったですね。 何よりも攻の心の変化ってのがイマイチ分からなかったで すね。 いつどういう風に受の事が好きになったのか?ってのが伝 わってこなかったのが 残念。受の気持ちはちょっぴり切なくて上手く出せている のでちょっともったいなかったですね続きを読む

    投稿日:2014.09.24

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。