人形の国(4)

弐瓶勉 / 月刊少年シリウス
(10件のレビュー)

総合評価:

平均 3.6
0
5
1
1
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • はじめ

    はじめ

    このレビューはネタバレを含みます

    珍しく名有りのモブが生き抜く展開に温かくなったと思ったら、ああ……
    これからは帝国vsカジワンvsエスロー達の三つ巴か?

    レビューの続きを読む

    投稿日:2020.05.22

  • あふろざむらい

    あふろざむらい

    このレビューはネタバレを含みます

    戦いながら旅が続いているのだが、荒野を延々と旅していることもあって、退屈してくる。登場人物も少ないので、よけいにドラマがない。

    エスローとケーシャは旅を続ける。
    ケーシャの兄カジワンは、恒差廟にいく。
    ケーシャは彼を追う。
    カジワンはタイターニアの腕を自分の腕にくっつけたことで、機械化が進んでいった。
    カジワンはウメと交信し、帝国に落下させることを目論むが、ジェイトに回線を乗っ取られる。ウメは恒差廟にむけて落下する。エスローはジェイトを狙撃するが、失敗する。ウメは落下し、巨大なクレーターができる。
    エスローは負傷したが、まだ行きていた。ジェイトとトオスがエスローとタイターニアを発見する。
    エスローが殺されそうになったとき、ケーシャが助けに入る。その時、機械に支配されそうになっていたカジワンの中からなにかが生まれ出る。

    レビューの続きを読む

    投稿日:2020.04.25

  • たたみ

    たたみ

    4巻まで。弐瓶センセ、可愛い女の子描ける様になったんだなあー(感想そこかい)。設定と作品世界の作り込みも良かったが、シンプルなバトルものとして、もーちょいケレン味も欲しい。

    投稿日:2019.07.09

  • MMD

    MMD

    このレビューはネタバレを含みます

    タイターニアの腕を奪い、逃亡したカジワンを追うエスロー達。だがその背後にはリベドア皇帝の命を受けた上級転生者ジェイトが迫る。禁断の地「恒差廟」で、北合成スラブ地方全ての運命を左右する戦いが始まる・・・・・・! 『BLAME!』『シドニアの騎士』の弐瓶勉が描くダーク・アドベンチャー・ファンタジー第4巻!(Amazon紹介より)

    レビューの続きを読む

    投稿日:2019.05.20

  • あさひ

    あさひ

    このレビューはネタバレを含みます

    お兄ちゃんから何かが生まれた…。
    タイターニアの分身?
    こういうところ、好きだわ〜。
    上級転生者がわりとあっさり倒されるけど、皇帝まで小物感が出てきた。
    地表よりも地底か?大物がいるのは。

    レビューの続きを読む

    投稿日:2019.05.04

  • ざじ

    ざじ

    この世界の空気感、デストピアを思わせながらも目の前に在るもので生を繋ぐのが当たり前になってる感じが凄く好きなんだよなぁ。食べるものが今とは違い、豊富とは言えないけどそれが当たり前。機械と生身の曖昧な境界線、原始的なシンプルさが、冷たく紙面から流れてくる感じさえしてくる。続きを読む

    投稿日:2019.04.19

Loading...

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。