「死ぬくらいなら会社辞めれば」ができない理由(ワケ)

汐街コナ, ゆうきゆう / あさ出版
(88件のレビュー)

総合評価:

平均 4.1
31
26
23
0
0
  • 残業自慢がいつか、恥になりますように。

    最近、何かと話題になる「過重労働」

    比較的強めなタイトルでキャッチですが、中はかわいらしいイラストで
    ブラック企業の労働状況と心理状態を淡々とソフトに描いています。

    日本人特有なのか、真面目な人特有なのか
    「がんばった自慢」「自己犠牲奨励」の意味不明さをサックリ切り込んでます。

    仕事を頑張ることは偉いですよね。
    でも、なんのために働いているのか、それを忘れてしまう状態を蔓延らせている今の社会は恐ろしいです。

    どうか、こういった本がもっともっと読まれて、
    我慢大会な社会が少しでも緩和されますように、と願います。
    残業自慢=恥という概念がいつか日本にうまれますように。
    続きを読む

    投稿日:2017.04.23

ブクログレビュー

"powered by"

  • かずき

    かずき

    身体の不調にはすぐ気づくのに、心の不調にはなかなか気づけない。
    『まだいける』『自分の努力不足』等と思い込むことで、『心の複雑骨折』にさえ対処せずに働き続けてしまう人は多い。

    人のペースと自分のペースは違う。
    自分の心の状態に向き合うこと、適度に休むことは大切だなと思った。
    続きを読む

    投稿日:2021.09.15

  • barbie

    barbie

    前職で悩んでいた時に見つけて購入しました。納得出来たし読んでて自分と同じだと怖くなりました。でも、この本を読んで安心というかホッとした気持ちになれたので読んでよかったです。

    投稿日:2021.05.05

  • nyonboo48

    nyonboo48

    こういう状況に陥るのは、真面目な人が多かったり、人に迷惑をかけてしまうのではないかと心配になるせいなのだと思うれど、たくさんあるはずの選択肢を自分で見ないようにしてしまって、自分で視野を狭くしてしまっている側面はあるかもしれない。危機的状況の陥る前に、本書のようなとっつきやすい本によって、良い方向に一歩でも踏み出せると良いと思う。続きを読む

    投稿日:2021.05.03

  • 三振でもフルスイング

    三振でもフルスイング

    このレビューはネタバレを含みます

    がんばっていることが自分自身で決めたことかどうか。
    がんばったことの成果が分かりやすいか。

    できる人がやった方が効率的やないの。

    すり合わせようがない人もいる。真面目な人は一生懸命合わせようとするけれど、気づこう。これはもうあなたにとって宇宙人みたいな存在です。逃げるが勝ちです。かかわるな。無理です。

    出口の見えないトンネルでがんばり続けられないのはトーゼン。そういうときは自分なりの出口を作っちゃいましょう。

    この業務とあの業務を覚えたら転職しよう。

    自分の意志で固めた石なら我慢するのに値する。
    自分で決めたことなら自分で変更もできる。

    うらやむ
    自分をその人の位置まで高めたいと思う

    ねたむ
    その人を自分の位置まで落としたいと思う

    大丈夫ですよ。
    俺がやらねば誰「か」やる。


    今の職場、辞めようかと。
    仕事のある日は、毎朝吐きそうになる。
    吐きそうになるのを、痰を出すようにして必死でこらえる。でも、休み明けはホントに吐いちゃう。
    もう普通になってるけど。異常だよな。

    妄想して、want思考で。自分がどうなりたいか。

    共感してしまうことが多くて驚いたし、共感してる方が他に多いことにも驚いた。

    あなたの人生は多彩っていう、自分とその家族が手を繋いで、前を向いているイラストがすごく良かった。

    レビューの続きを読む

    投稿日:2021.01.24

  • rock

    rock

    自分は一般的にはホワイト企業に勤めているがしんどさを感じて転職活動をしました。
    人によってしんどさは違うということに大変共感を覚えました。
    自分らしく生きることに徹したいと思います。

    投稿日:2021.01.14

  • 2020

    2020

    頑張っていることが自分自身で決めたことかどうか
    頑張ったことの成果がわかりやすいか
    の要素が揃っているとストレス無く頑張りやすい。

    仕事で自分なりの出口を作ろう。
    ※この業務を覚えたら転職しよう、など。
    ※自分の中でどこまで我慢、努力するかを決めるためにも大切。

    世界とはあなたの目に映るもの。何を見るかは自分次第。世界を消したければ目を閉じればいいだけ。

    緊張というのは自分をよく見せようとする場合に起こりやすい。要件が伝わればよい、上手く受け答えしようと思わなくて良い。

    続きを読む

    投稿日:2020.12.20

Loading...

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。