青い桜と千年きつね

戌井猫太郎 / SKYHIGH文庫
(2件のレビュー)

総合評価:

平均 3.0
0
0
1
0
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • lovenovels

    lovenovels

    「他の人と違う」というだけでも嫌なこともあるのに、その特徴が忌み嫌われるものだったら...。と想像すると、怖くなった。
    目立たないことを重要視している大吾が出会った不思議な少女、きつね。振り回されているのは大変そう。と思ったけれど、なんだか少しずつ楽しそうにも見えてくるのが不思議。「普通」でいるのは中々難しそうな2人。今後、どうなっていくのか気になる。続きを読む

    投稿日:2020.02.07

  • SKYHIGH文庫編集部

    SKYHIGH文庫編集部

    出会った少女が抱えていたのは、ただ一つの恋だった――

    男子高生・古町大吾は夏祭りの夜、狐のお面を被った
    少女に「ひとつだけ願いを叶えてやろう」と言われる。
    冗談と捉え「面の下が見たい」と答えた大吾が目にし
    たのは、月のように輝く金色の瞳だった。後日、大吾
    は再び現れた少女・きつねに妖怪であることを打ち明
    けられ、願いを叶えた対価として『ある計画』に加担
    するよう脅される。しかもその計画には大吾の憧れの
    女生徒・菊田あかりも関係していて――。
    京都を舞台に繰り広げられる小さな妖しの千年の恋物
    語。
    続きを読む

    投稿日:2017.08.24

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。