肩こり・腰痛が消えて仕事がはかどる 究極の座り方

木津直昭 / 文響社
(3件のレビュー)

総合評価:

平均 2.5
0
0
1
1
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • たなかかかかかいと

    たなかかかかかいと

    座ることがいかに危険か


    1.座り姿勢がいかに人間にとって負担が大きいか
    ○身体にとっては座っているより立っている方が良い
    ○座り姿勢は脳と筋肉には楽だが、椎間板、関節、内臓に負担がかかっている、痛めつけている
    ○立ち姿勢は脳を使ってバランスを取れている
    ○ストレートネック
    座っていると頭、顔の位置が身体の重心より前に行きやすい
    猫背姿勢、スマホの姿勢が原因
    首、肩への負担
    ○マウス症候群
    手首から指→疲労
    それ以外→無理に固定することによる負担
    巻き肩、ドケルバン症候群
    ボディスリップ
    ○スマホ症候群
    ○座り姿勢→猫背型(猫背座り、背中座り)、反り腰型(スフィンクス座り、チョコン座り)
    ○肩こりは身体が発しているサイン
    ○猫背座りや巻き肩は深い呼吸ができない
    2.究極の座り方
    ○人間の「連動」機能
    ○ピラティスの理論のパワーハウス筋群=日本人の言う丹田
    ○パワーハウス座り
    おへその下に力が自然と入り、腰に緊張がなくなった感覚、骨盤を立てる感覚
    ○アーチ橋にそっくりな人間の骨盤
    ○骨盤アーチを活かした座り方
    ○パワーハウスウォーク
    おへそと鼻を線上に
    続きを読む

    投稿日:2021.11.12

  • loststar19

    loststar19

    座ること自体のリスクは大きい。
    座ることのリスクを軽減し健康を保つか?を考える。
    究極の座りかた= 丹田、骨盤を立たせるを意識したパワーハウス座り
    究極の座り方のコツは
    1.猫背と反り腰の中間で座る。
    骨盤を後傾(猫背)→骨盤を前傾(反り腰)→中間で止める(ニュートラル)
    ニュートラルの姿勢を意識する。
    2.頭の位置を意識する
    3.骨盤を立たせる
    骨盤を立たせるを日常生活に落とし込む。
    続きを読む

    投稿日:2018.09.27

  • Dr.(読多ー)あんころ猫

    Dr.(読多ー)あんころ猫

    間違ったことは書いてないが「究極の座り方」はちょっとオーバー。

    ごくごく普通の事が書かれているだけなので目新しさや参考になる部分はありませんでした。

    投稿日:2017.01.30

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。