第二次幻魔大戦 ハルマゲドン

平井和正, 生賴範義 / e文庫
(1件のレビュー)

総合評価:

平均 5.0
1
0
0
0
0
  • 「幻魔大戦」のストレートな続編

    角川文庫版「幻魔大戦」のストレートな続編。
    第一部は高鳥慶輔とその教団が描かれる。
    高鳥はかなりの力を持っているし、まだ成長の過程にあるのだろうが、悪の救世主になるには器が小さいような気もします。
    二部は東丈不在のニューGENKENが描かれる。短期間に随分と変わってしまい、失望される向きもあるかもしれないが、東三千子を見ている限り、悲観的にはならない。
    物語はまだまだこれからなのだが、中断したまま再開されなかったのが残念。続きを読みたかった。しかし、「ハルマゲドンの少女」の第3部でその数ヶ月後の世界が描かれており、中抜けにはなるが続きが読めたのはうれしかった。こちらもたいへん興味深いので、早期の電子書籍化を希望。
    本作は物語の途中で終わってしまうので、中途半端ではあるが、ショッキングな展開があり、読まずにはいられません。

    高鳥の前に現れた“霊体の郁江”は・・・・なのか!? 半信半疑でけっこう悩まされました。
    続きを読む

    投稿日:2016.12.14

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。