硝子の太陽N ノワール

誉田哲也 / 中央公論新社
(74件のレビュー)

総合評価:

平均 3.9
14
26
21
1
0
  • こちらの方が個人的には面白かった

    読んだ順番のせいか、話が分かりやすかったせいか、歌舞伎町セブン系の方が好みなのか分かりませんが、こちらの方がRよりやや面白かった。
    コラボという意味では、こちらの方が姫川シリーズの人間の出番が少なかったような気がしなくもないですが、こういった企画は(著者は大変でしょうが)良いですね。続きを読む

    投稿日:2016.05.28

  • ジウから視点の話

    硝子の太陽はジウの視点のノワール(本作)からとストロベリーナイトの視点からのルージュで同事件を書いた話でした。
    それぞれのその時々の考えが『あーやっぱり東さんならそうだよね!』とか、『玲子ちゃんは、そう思ってたんだぁ』とか二冊がリンクしてるので色々なシーンを思い返しながら楽しめる本でした。続きを読む

    投稿日:2016.11.20

  • セブン!

    私も、こちらの方が面白かったです。
    一瞬、過去事件の時系列が分からなくなって、リーダーとPCを交互に読んでました!
    けど・・・ガンテツってこんなに意地が悪い人でしたっけ?

    投稿日:2016.06.18

ブクログレビュー

"powered by"

  • ジウサーガと姫川玲子の衝撃のコラボレーション?
    誉田哲也はストーリーの時間軸が意識しながら書いているのでなせる技ですね。あの姫川玲子が歌舞伎町セブンに絡むなんて、東警部補に絡むなんて(゜ロ゜)
    話しは沖縄での活動家死亡事故を機に反米軍基地デモが激化し、その直後に左翼の親玉が逮捕、同じタイミングで異様な覆面集団による滅多刺し事件が起こり、その被害者は歌舞伎町セブンにかけがえのない人物(゜ロ゜)
    社会に蔓延る悪意の連鎖を断ち切るべく、東と歌舞伎町セブンの共闘が始まるんです(^ー^)
    続きを読む

    投稿日:2018.10.15

  • このレビューはネタバレを含みます

    メンバーが亡くなると寂しい。続編はどうなるのか。
    もう一回ジウから読み返したい気分

    ちょろっと出たガンテツはやはり嫌な奴だった。

    レビューの続きを読む

    投稿日:2018.10.13

  • このレビューはネタバレを含みます

    ジウと姫川シリーズのコラボ作品、のジウ側。
    というか、歌舞伎町セブンのお話だね。
    上岡さん死んじゃって、ビックリ。
    あれ、結構、重要な人じゃなかったっけ?違った?
    セブンは割と好きなシリーズだったので、また読みたいな。
    東さんがセブンに入ったりするんだろうか・・・。
    グロイ表現が、やっぱり多々あって、そこはちょっと苦手。

    レビューの続きを読む

    投稿日:2018.09.21

  • ジウシリーズ。
    姫川シリーズとコラボと聞いたけどそれほど交わりがないような〜ガンテツが相変わらずどこでもうざいなと。
    ダムドとつづけて読んだでよかった。
    次Rを読もう!

    投稿日:2018.06.20

  • このレビューはネタバレを含みます

    圧倒的なスピード感と意外な幕開けから、姫川シリーズの方も早く読みたいと思わせるエンディングへ。
    あっという間に読み終えました。

    レビューの続きを読む

    投稿日:2018.02.04

  • ジウシリーズとに姫川玲子シリーズのコラボ作品。こちらはジウのほう。
    歌舞伎町セブンのメンバーに異変があったり、容赦ないシリーズだな、と思いつつ、残酷な場面は読み飛ばし、ストーリーを楽しむ本ですね。

    投稿日:2017.12.29

Loading...

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。