岩くつ王

アレクサンドル・デュマ, 岡田好惠, 横山洋子, オズノユミ / 学研
(2件のレビュー)

総合評価:

平均 3.0
0
0
1
0
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • ひとこ

    ひとこ

    2017/3/9読了

    かのエドモン・ダンテスのお話が気になったので。
    原作は膨大で難解なので、手始めに読みやすさから児童向けの本を読んでみたが
    復讐のシーンはそれであっても長く、そして多くの人が出てくる群像劇なので、このくらいでちょうどよかった。(それでも複雑である)
    神父と共に獄中生活する際の「待つのだ-希望をもって」
    これがキーワード
    話を大まかにつかむことができてよかった。復讐劇がかなり多く、またエドモンの偽名も多いため難しいけど結構楽しかった。
    続きを読む

    投稿日:2017.03.16

  • えぐにまき

    えぐにまき

    「岩窟(がんくつ)」とは、岩をくりぬいてできた穴のことです。
    そんな岩の牢屋に、14年も入れられてしまった青年ダンテス。彼は、友人にうらぎられて、この牢屋に入れられてしまったのです。
    牢屋にいる間、彼に色々なことを教えてくれたのは、となりの牢屋にはいっていた神父(キリスト教のおぼうさん)でした。ダンテスは、この神父からえた知識をもち、牢屋を脱出すると名前を変えて別人になります。彼の第二の人生はどんなふうになっていくのでしょうか…!?続きを読む

    投稿日:2016.01.26

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。