その「1錠」が脳をダメにする 薬剤師が教える 薬の害がわかる本

宇多川久美子 / SB新書
(11件のレビュー)

総合評価:

平均 3.1
1
2
4
1
1
  • 薬剤師です

    まだ薬は石油っていってる人が。石油は賢者の石なのですか?
    ただ安易なロキソニンが寝たきりなど事実のみ言えばいいのに。
    ロキソニン常用などは背後に骨粗鬆症からの骨折などがあるのは事実です。
    どうかこれを読む方が情報の取捨選択ができるひとであることを願います。続きを読む

    投稿日:2018.12.21

ブクログレビュー

"powered by"

  • もろみそ

    もろみそ

    全て鵜呑みにする必要はないけど、読んで良かったなと思える本。
    間違った認識を正してくれるのでよかった。

    投稿日:2021.02.12

  • panichag

    panichag

    他に同様の感想を書いてる方もいるが、ややもするとトンデモというか、極端な薬忌避、と言うところもなくは無いが、薬剤師が言う「薬は治癒させるものじゃなく、症状を緩和するもの(やや意訳か?)」と言う言は信用に足る。
    薬は頼り過ぎてもダメ、でも遅くてもダメだと思うが。定常的に飲ませる薬は避けたほうがよくて、それが必要になりそうなら生活を変えて体質を改善するほうが健康のためには良い。
    続きを読む

    投稿日:2021.02.08

  • naokosp

    naokosp

    薬使わない薬剤師なんて、いいじゃん!

    見開き1ページくらいで一項目進むけど
    もう少し詳しく!てこともある

    抗うつ、頭痛、ワクチン、風邪ぐすり、CT、MRI、私が普段ダメだなぁ思っているものと一致

    著者、系統が"合ってる方"。以降フォロー。
    続きを読む

    投稿日:2020.07.17

  • daisennkei

    daisennkei

    やはり薬は怖い。必要以上に過敏になる必要はないと思うが、飲み手の我々ももっと薬に対して勉強しないと。
    でも、国が絡んでるからね。子どもの医療費無料化も異常に薬を飲む環境を生んでいるんではないのかなあ~宇田川さんも言ってましたけど・・・続きを読む

    投稿日:2019.02.18

  • muu1624

    muu1624

    このレビューはネタバレを含みます

    2019年2冊目。5.5/10点

    ピロリ菌の除去も実は結構疑わしいというのは初耳。高城剛がメルマガで書いていたのは知っていたが、それはあくまでも彼の個人的体験だと思っていた。そうではないのか?

    とりあえず気になっているのは、半分ほど読んで薬批判がつらつら並んでいるが、代案がほぼ無い事だ。生活習慣や食事に気を付けましょう程度。その詳細も書かれていない。この先出てくるのか?

    ---------------

    前回気になっていた「こうしましょう」という内容の詳細。それは後半に集中しており、大きくまとめると「食事と運動」になる。
    正直、読後の印象としては後半にいくにつれてどんどん胡散臭さが増していった。具体的に書く。

    P184.(インナーマッスルは)「鍛えれば鍛えるほど筋肉の質を無限に高めることができ、何歳になっても衰えません。」
    いやいやいや、無限って何ですか?鍛えたらダイヤモンドより硬くなったりするんですか?無限ってそういう事でしょう。

    P154.「ダイエット食品でやせると、必ずリバウンドする」
    という事は100%なの?しかし本文を読んでも「必ずリバウンドする」根拠は書かれていない。何で必ずってつけられるんだろう?それをつける事で胡散臭い印象になってしまうと思うんだけど。

    読み進めるほど著者に不信感を抱いてしまった。「薬は控えめに」という事自体、1ミリも異論はない。しかし根拠がすっぽ抜けてたり、表現が過剰だったりするところを見ると、事例も恣意的に偏った事例を集めているんじゃないかと思えてしまう。

    知識自体、新鮮だったのはピロリ菌のくだりくらいであとはだいたい既知。内容は「悪くはないんだろうけど、良いとは言えない」。特に表現が。

    レビューの続きを読む

    投稿日:2019.01.09

  • はまだかよこ

    はまだかよこ

    毎日毎日薬を飲んでいます
    高熱の時はロキソニン、抗生剤
    眠ること、水分補給
    でもそれだけだとやはりつらい
    血圧降下剤はではかかりつけ医とちょっとした口論になりました
    風邪薬、塗り薬 控えます
    すべてを拒否できないけれど、
    「薬は毒でもある」こと再認識しました

    ≪ この薬 害があるとは 分かっても ≫
    続きを読む

    投稿日:2018.03.29

Loading...

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。