新宿駅はなぜ1日364万人をさばけるのか

田村圭介, 上原大介 / SB新書
(14件のレビュー)

総合評価:

平均 3.5
2
2
5
1
0
  • 新宿駅東西の抜け道を攻略する

    この本を手にする2週間前、私は新宿駅西側で用事を済ませ、友人達との待ち合わせ場所に急いでいた。待ち合わせは東口。ギネスに認定されるほど乗降客の多い駅だから、駅の反対側に抜けるのは容易いことだろうとタカをくくっていた。しかし新宿駅は鉄壁のディフェンスで立ちはだかった。5分遅刻しての到着である。
    本書で新宿駅の構造を理解すると東西への抜け道は7つあり(うちJR新宿駅構内が2つ)、その時にようやく見つけた抜け道は角筈ガードという戦後闇市の面影が残る1927年開通の通路であった。
    本書で新宿駅に対する苦手"意識"はやや薄くなった。でも人の多さは、、、
    続きを読む

    投稿日:2016.05.31

ブクログレビュー

"powered by"

  • nebe

    nebe

    新宿駅のすごさを示されたタイトルに惹かれ。

    確かに世界一のリアル迷宮かもしれない。
    そこに着眼し、ゲーム化した著者はすごい。

    歴史から新宿駅の生い立ちを学ぶと、あの複雑な地理関係が整理できた。

    「田ラみ」
    この魔法の呪文が頭にあるだけで、新宿が自分の街になった気がするのは言い過ぎ!?
    続きを読む

    投稿日:2021.05.22

  • maricollection

    maricollection

    このレビューはネタバレを含みます

    JR新宿駅を中心に約10駅が地下や地上で繋がって乗降客を受け入れている、ということに非常に納得がいった。

    レビューの続きを読む

    投稿日:2020.06.05

  • levi

    levi

    新宿駅増殖の期間はサグラダ・ファミリアより長い。
    アルプス広場は急行アルプス号を待つ人たちのたまり場だった。
    暗号・「田ラみ」。漢字、カタカナ、ひらがな全部あるのがいい。
    甲州街道と青梅街道の追分から紐解いていくのはクール。続きを読む

    投稿日:2018.10.14

  • blackkitty

    blackkitty

    このレビューはネタバレを含みます

    新宿駅の動線の工夫が書いてあるのを想定したら、違いました。新宿駅周辺を「ブラタモリ」な感じでした。
    図版の配置が適切で読みやすいです。
    鉄道なら出口の選択から。行きたい場所(あるいは近くのランドマーク)の案内指示を確認して、該当の出口を出たら、あとは案内指示に従うだけ。なので、迷う経験が無いのです。ただし、地上は別ですけど。迷う人の心理がよくわかりました。

    レビューの続きを読む

    投稿日:2018.05.19

  • 123456qaz

    123456qaz

    新宿とつく駅が10
    Dungeon 地下牢、土牢

    新宿駅 地上2階 地下7階
    JR 1階部分に8面16線 プラットホームは南北に並ぶ→階段を上ればプラットホーム上の連絡通路→南系の改札(南口、東南口、サザンテラス口、ルミネ口、新南口)
    階段を下りれば東西口に分かれる

    丸ノ内線新宿駅→JRのプラットホーム郡と直交する形で地下2階 地下1階はメトロプロムナード

    現在の新宿通り 新宿三丁目の交差点より東が甲州街道、西が青梅街道
    尾根道・馬の背→皇居から甲府をつなぐ甲州街道のうち新宿周辺は尾根道を利用

    地下の形 田ラみ

    7つの抜け道
    ①大ガード 靖国通り
    ②角筈ガード 旧青梅街道
    ③メトロプロムナード(地下) 新宿通り 丸ノ内線
    ④北連通路
    ⑤中央連絡通路 アルプス広場→急行アルプス・登山ブームに登山客

    ⑥南口跨線橋 甲州街道
    ⑦サザンテラス口ウッドデッキ

    ル・コルビジェ「これからの都市づくりは鉄道や自動車の道をしっかり計画しないと未来がない」→合理的、機能的に直線

    2020年 新宿駅東西自由通路→北連絡通路の拡幅
    続きを読む

    投稿日:2018.01.26

  • おーい粗茶

    おーい粗茶

    タイトルからすると、駅員さんたちがラッシュアワーの乗客をどうやって捌いていくのか、そのノウハウ的な内容を想像するが、そうではなく、新宿駅を中心とした新宿という空間が、どのように成り立っていて、そこがどのように多くの人間たちを行きかわさせるのか、建築空間的、地勢的、歴史的にアプローチして、新宿の迷宮的な魅力を浮き彫りにしていくものである。わかりやすくいえば、ブラタモリの新宿編みたいなものである。ま、ちょっとタイトルが悪いよね。続きを読む

    投稿日:2016.10.14

Loading...

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。