超高速開発が企業システムに革命を起こす

一般社団法人ICT経営パートナーズ協会, 関隆明 / 日経BP
(3件のレビュー)

総合評価:

平均 4.5
1
1
0
0
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • tamamura57

    tamamura57

    スクラッチ開発あるいはERP導入などで運用している現在のシステムの問題点を指摘し、超高速開発を指南、超高速開発はリポリトリ型と開発ツール型の二つに大別されるとしつつもリポリトジ型に力を入れての一冊になっている。基幹業務などはリポジトリ型、部門システムあるいは小規模企業は開発ツール型でしょうか、いや、ユーザ企業にとってもっとも良いのは開発無しでERPやクラウドサービスなどをそのまま使う(使えれば)ことですね。続きを読む

    投稿日:2015.02.22

  • isseiabe

    isseiabe

    システム開発に関して、この観点は凄いと言わざるを得ない。
    これが凄いと思える自分も凄いのか・・・
    これまでのアプリケーションシステム開発における常識の様なものの問題点が完全に網羅されている。
    はりキーとなるのはリポジトリなんだ(と言ってしまうと非常に軽く聞こえてしますが)
    「怖くて手をつけられない基幹業務システム」(笑)
    続きを読む

    投稿日:2014.11.14

  • akipii

    akipii

    超高速開発は、企業の社内向け業務システムが基本なので、アジャイル開発とは相性が悪く、データモデリングを基本にすべきという発想。
    そして、データモデリングや業務フローの設計情報を設計リポジトリに一元化し、そこからプログラムを自動生成する流れ。

    この考え方は昔のモデル駆動開発をリプレースに見える。
    最近の開発プロセスの進化(GitHubのソーシャルコーディング、クラウドによるシステムのサービス化、ビッグデータ)とつながっていないのが気持ち悪い。
    メーカー系企業の情報システム会社は好きそうだろうが、ソフトウェア開発の技術革新につながらない気がする。
    続きを読む

    投稿日:2014.08.15

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。