桃ノ木坂互助会

川瀬七緒 / 徳間文庫
(9件のレビュー)

総合評価:

平均 3.8
1
6
1
1
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • caninha

    caninha

    このレビューはネタバレを含みます

    あらすじを見て「こんな展開かな」と想像してたのとは大きく異なって、いい意味で裏切られたというか。結末も予想外過ぎた…
    桃ノ木坂互助会の老人たちがよそ者にどう対峙するのかと思っていたら、幽霊代行の沙月が現れて…。
    ノスタルジアシンドローム、勉強になった。

    レビューの続きを読む

    投稿日:2020.08.17

  • ゆうゆ

    ゆうゆ

    おじいちゃんの捕物帖かぁ、ありきたりだなぁとたかをくくっていたら
    とんだ大失態。新たなライバル出現でこちらも超わけあり。協力してめでたしめでたしといかないところがさすが川瀨さん。
    最後にはとんでもない大どんでん返しが用意されていてビックリ。その辺の回収が追い付かなかったのがちょっぴり残念だったけれど読み応えはバッチリ。人は見かけによらないと痛感。それと直感も侮れないんだなぁと。続きを読む

    投稿日:2020.05.04

  • pata

    pata

    このレビューはネタバレを含みます

    2020/4/28
    久しぶりに通勤したので読書できた。
    読み始めると読むんだけど。
    川瀬さん、負の人描くの上手すぎん?
    実際におる「なんでこんな人間が存在するん?なんでそんなことできるん?」っていう人。
    はじめは武藤の邪悪さに戦慄するねん。自己愛性障害的なやつ。
    このタイプは割と社会でも関わってしまうことがあって憎悪してるので、早く始末してくれと思いながら読んでた。
    でもこれを始末する側がまた危うい。
    今にも壊れそうな位置におるんよ。両方が。
    光太郎じいちゃん一派と沙月一派ね。
    とりあえず沙月の方がまだいけそうなのでじいちゃんちょっと引いてくれと思いながら読む。
    肩入れしてる仕置き人の方がいつ破綻してもおかしくないので、もう怖くて読むのをやめられない。
    この過程で正義の危うさなんかも描かれる。
    じいちゃんたちの暴走、怖い。
    正しいと思ってやることが一番残酷。
    武藤みたいなやつが幽霊怖がるやろか?ってのはずっと付きまとってたけど。
    そして最後に老人のマドンナ菊美の代理ミュンヒハウゼン症候群の暴露。何人も殺してる。
    フルコースやん。
    でも最後はいいとこに着地するんよ。
    ギリギリの淵を歩いている光太郎と沙月にも光が見える。
    だからやめられない川瀬さん。

    レビューの続きを読む

    投稿日:2020.04.29

  • 黒い☆安息日

    黒い☆安息日

    このレビューはネタバレを含みます

    タイトルから想像もつかない展開。
    何から書いてもネタバレしそう(汗

    地域の治安を守るための老人たちが作った「必殺仕事人」的地下組織が、エゲツない男を敵に回してしまう。ホンモノのキ○○イ。
    そのキ○○イ、にはまだ他にも敵がいて、これがまた精神科のマッドドクター崩れという変化球。こいつらの絡みがハードでタフで面白い。

    荒削りな部分があったり、「それは無理やろ」という設定もあるんだけど、勢いで押されて読んでしまう。

    ラストに明かされる仕掛けにもビックリ。なるほどなぁ…現実世界にもそういうのあるわ~

    レビューの続きを読む

    投稿日:2018.10.07

  • masajichan

    masajichan

    このレビューはネタバレを含みます

    評価は5.

    内容(BOOKデーターベース)
    厄介事を起こすのは、いつだってよそ者だ。七十歳の光太郎は憤慨していた。われわれが町を守らなくては―。そこで互助会の仲間たちと手を組み、トラブルを起こす危険人物を町から追い出し始める。その手段はなんと嫌がらせ!?老人だからこそできる奇想天外な作戦はなかなか好調に思えたが…。大家と揉めていた男を次なるターゲットに決めたことから、事態は思わぬ方向へと動き始める。

    光太郎じいちゃんかっけぇ~。

    レビューの続きを読む

    投稿日:2018.03.06

  • hisakarei

    hisakarei

    2014年2月徳間書店刊。書下ろし。2016年1月徳間文庫化。ラスト付近での展開には驚いた。インパクトは大きい。他の作品も読んで見よう。

    投稿日:2017.08.21

Loading...

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。