任侠書房

今野敏 / 中央公論新社
(114件のレビュー)

総合評価:

平均 4.3
39
53
11
1
0
  • すぐに読める

    エンタメ小説とでもいうのだろうか。まあ、こんなことはありえないと思いながらも許容できる面白さ。リアリティさを追求している方には
    おすすめできないが、気軽に楽しめる小説である。

    投稿日:2015.12.27

  • 出来過ぎ〜…

    小説とか買ってまで読む事はないが、入院した折に見舞いで貰った本がこれである…
    折角貰ったんだから感想なりを言わねばと思い読み始めたが、これが意外にも面白く一気に読んでしまった‼︎
    最初の辺りでフィギュアがどうたらこうたら出てきたのが良かったのかもしれない。興味があったのでこの先どう展開していくのか気になってしまった‼︎
    ストーリー的には出来過ぎ感満載で途中結末が読めたが、最後まさかのドンデン返しでハラハラドキドキの連続だった。
    続くシリーズも機会があれば読んでみたい。
    続きを読む

    投稿日:2015.11.15

  • 面白いシリーズを見つけました

    こりゃ痛快!タイトルから容易に想像できるようなお話ですが、キャラも良いし話のテンポも良くて面白かった。最後のあっさり感もGood。
    シリーズ物のようなので次も読みたいな。というのと、映画化とかしてもおかしくない感じですね。続きを読む

    投稿日:2016.01.23

  • その後の梅之木書房が気になる~

    「ヤクザが出版社を経営」と現実離れした設定でありながら、それを読者に違和感なく受け入れさせるストーリーはこれぞ娯楽小説とオススメできる作品です。
    その奇抜な設定から選り好みしそうな作品ですが、一度読み始めるとテンポのよいストーリー展開と人情あふれる任侠の世界の虜になっちゃいますよ。

    さてと在庫を読み終えたら続編購入しないとな♪
    続きを読む

    投稿日:2016.03.20

ブクログレビュー

"powered by"

  • junsugimoto

    junsugimoto

    この、一風変わった清々しさ。一気に読了しました。ヤクザの世界と出版社という設定のギャップと、若い衆や会社の人を含めた分かりやすい個性が魅力なのかも。

    投稿日:2021.06.10

  • tommy103star

    tommy103star

    途中、ジーンとするセリフが多々あり、面白かったです。「書房」とあったので本屋さんが舞台なのかと、勘違いしていました。出版社だったんですね。

    投稿日:2021.05.22

  • gaaco

    gaaco

    まず今まで読んだことのない分野。
    強いて言えば荻原浩さん『なかよし小鳩組』?

    暴対法以降、ヤクザもシノギが厳しい。
    そんなご時世に、昔気質の任侠道を貫く阿岐本組。
    表社会への憧れから、倒産寸前の梅之木書房の経営に乗り出す組長。
    主人公は組の代貸、日村誠司。
    凄みのあるヤクザなのだが、この物語上では、どこまでも巻き込まれ型の苦労人の役割。
    あまりの健気さに、やくざであることを忘れそう。

    この業界(?)の様子は、自分にとってはどれもこれも物珍しい。
    警察との微妙な関係も気になる。
    柔道の名門大学で、優秀なのがやくざになり、そうでないのが警察に行く、という構図が象徴的だ。

    描かれる出版社の内幕も面白い。
    どちらかというと、読む前はそちらの話を期待していたほどだ。
    ところで、文壇バーは、あんな風なの?

    作品最後に、組長は出版社経営から手を引いてしまう。
    ああ、もう第一巻が出る時点で、シリーズ化が決まっていたのかな、と思ったりする。
    でも、多分他の巻は読まないかな。
    続きを読む

    投稿日:2021.04.29

  • さゆみ1194

    さゆみ1194

    シリーズ第一弾!!
    おもしろい。人情だけでは生きていけない。でも情けは人のためならず!頑張っても報われないこともある。でもポリシーを貫くなら、報われなくてもやらねばならないときがある! きれいごとばかりじゃないけど、損得でなく守らなきゃいけないものもある。
    それぞれのキャラもみんな愛すべきやつらばかり!シリーズ読破していきたい。
    続きを読む

    投稿日:2021.03.10

  • midori

    midori

    今野敏さん大好きなんですが、なんか このシリーズには、手を出したくなかったンです。
    でも、読んでしまった〜。
    面白いです。ヤクザが忙しいンです。一般の人たちより筋を通そうとするから、よけいに忙しいンです。そこがおかしくて笑ってしまいました。
    何年も出版社というところで働いている人たちより こういう本が雑誌が読みたいんだ という外からの感想が出版社を変えていく 忙しい日村さんにご苦労さまと言いたいです。
    続きを読む

    投稿日:2021.03.09

  • サキ母

    サキ母

    読みやすく、分かりやすい。
    そしてスッキリ終われる本。

    久々に読んだが、ほぼ忘れていたので
    楽しんで読むことが出来た。

    投稿日:2021.02.15

Loading...

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。