贋作・桜の森の満開の下

野田秀樹 / 新潮社
(3件のレビュー)

総合評価:

平均 4.0
0
2
0
0
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • 小春

    小春

    八月納涼歌舞伎、観劇の記録。
    野田秀樹率いる夢の遊眠社の代表作を、歌舞伎にアレンジしたもの。

    今は亡き中村勘三郎と約束したものの、歌舞伎として公演することが叶わなかった舞台。それを息子の勘九郎、七之助が演じるといういわくつきの作品で、早々にチケットも完売。野田ファンも少なくなかったようで、いつもの歌舞伎座の客層とはちょっと違った。
    かつては野田の演じた役を、勘九郎は真面目にこなす。七之助は、やはりもう少し凄みがほしい。ラストの桜のシーンは、滅びの美しさが見事だった。

    初めて観た夢の遊眠社の舞台が、この作品だった。大袈裟でなく、芝居の概念が根底から覆されたと感じ、目眩がした。
    野田秀樹の機関銃のような言葉の羅列、それも暗喩や言葉遊びがふんだんに盛り込まれ、頭が追いつかない。胸も頭も満杯になりながら必死に舞台を観たあとは、放心状態で頭痛がするほどだった。
    身体能力をフルに用いて動き続けていた若い野田秀樹、狂気を振りまく毬谷友子の姿は、今も焼きついている。戻れるなら、あの舞台を何度でも観てみたい。
    続きを読む

    投稿日:2017.09.20

  • ume

    ume

    「贋作・桜の森の満開の下」はもちろんのこと、
    2作目に収録されている「野田版・国性爺合戦」
    これが素晴しい。
    野田さんの言葉遊びはいつも感動だけれど、この話は特に印象深かったです。

    投稿日:2011.10.13

  • 権太

    権太

    坂口安吾の「桜の森の満開の下」の野田版戯曲。「今日でなくちゃだめなんだ」という台詞が今も耳に残っている。ビデオあり。

    投稿日:2007.03.20

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。