私と、妻と、妻の犬

杉山隆男 / 新潮社
(5件のレビュー)

総合評価:

平均 4.2
1
4
0
0
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • shiraki0402

    shiraki0402

    タイトルどおりの作品だが、小説なのか随筆なのかと思う作品。浮気が原因で家を出て暮らすことになった著者は、経済的な理由で8年後に家に舞い戻ってくる。妻と妻の飼っている犬との、二人と一匹の生活を描いた作品。浮気相手の女性との会話も赤裸々に語られている感があって、妙なリアリティがある。続きを読む

    投稿日:2016.06.01

  • paintbox

    paintbox

    主人公は妻とうまくいっていなくて、子供がいなくて、犬を飼っている中年男・・・。全く同じ状況である自分にとっては激しく共感できた。妻に詰問されるシーンなど、リアルすぎて背筋が冷たくなった。
    ただ、そういった状況にない人が読んでも、ただのヘタレたオヤジがグジグジ言ってるだけの話なんだろう。続きを読む

    投稿日:2016.02.18

  • beemaria

    beemaria

    登場する人間たちには全く共感できなかった。
    多分ごく普通のありふれた人物像だったからかも。ウジウジした不倫関係とか、険悪な夫婦関係、ドラマのヒーローやヒロインのようにスパッとはいかないもんなんだろうな
    そんな中で、犬との関係、犬たちの描き方は、読んでるだけなのに手触りを感じることができそうなくらいだった。
    猫派の私だが、犬もいいなと思った。
    犬好きの人が読むと、「分かる!」と心踊る部分もあるだろうけど、犬にしろ猫にしろ、いずれ飼い主に待ち受ける試練はキツイな..。
    で、結局、「妻の犬」は、「私と妻の犬」でありたかったのでは? 人間の場合と同じだと思った。
    続きを読む

    投稿日:2015.08.25

  • vilureef

    vilureef

    じわじわ来る。
    身勝手な中年男の退屈な話を延々と聞かされているような感覚だったのに、そのやるせない悲哀にいつの間にか同情すら覚える。

    浮気というよりむしろ本気だった女性との関係が妻の知ることになり家を出た大学教授。
    8年の時を経て経済的理由から妻の元に戻る男。
    もちろん穏やかな日々が待ち受けるわけではなく、妻との関係も修復されないまま。

    そんな夫婦の間の緩衝材の大きな役割を果たした二匹の犬。
    犬を持ってくるのは反則だろう、とも思うが私小説と言うのだから仕方ない。
    掛け値なしに愛おしい存在の犬達。
    この描き方が抜群にうまい。
    徹底して客観的に描くと恋人や妻と異なり、切ないまでの思いが犬に注がれる。
    なんて身勝手な。

    杉山氏はノンフィクションライターとのことだが、小説も抜群に面白かった。
    他の作品も読んでみたい。
    一つだけ引っかかったのは、恋人とは最後までプラトニックだったけれど、これはフィクション?ノンフィクション?と下世話な疑問が残ってしまった。
    続きを読む

    投稿日:2015.07.27

  • 夢で逢えたら...

    夢で逢えたら...

    小遣い稼ぎにカルチャー教室の講師をしている大学教授が、
    そこの生徒と浮気をし、いい歳をして骨抜きになってしまう。
    ほどなくして浮気がばれ、氷のような妻の態度に耐えきれず家を出るが、
    その8年後経済的に立ち行かなくなり妻の元へ帰る。
    このなんとも気まずい夫婦の間を取り持つように、尖った空気を和ませる妻の飼い犬。
    どんよりとした不倫話の中、愛くるしい犬の存在がひときわ輝いている。

    中途半端な態度を責められ、浮気相手に愛想を尽かされるがそれでも未練たっぷりで、
    「メイの前の飼い主がもし彼女だったら…」なんて、
    思春期の中学生のような妄想を膨らますオジサンに鼻白む。
    それにひきかえ、妻に対しては罪悪感があり気兼ねはするものの、
    愛情はほとんど読み取れない。そりゃあ捨てられて当然ですな。
    これ私小説ということですが、全く男ってのは…。

    とにかく主役はまぎれもなく2匹の犬だ。
    まるで人の心を読んでいるかのような仕草や表情が愛おしくていじらしい。
    読んだら間違いなく犬を飼いたくなりますよ。
    続きを読む

    投稿日:2015.06.17

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。